このエントリーをはてなブックマークに追加

サウスポーの意味と、意外な語源とは?

左利き画像
この雑学では、サウスポーの意味と、以外な語源について解説します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

サウスポーの語源と関係があるのは?
A.ピッチャーの腕の方角
B.キャッチャーの向いている方角
C.ホームベースの方角
D.ベンチの方角

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

サウスポーの意味と、以外な語源

サウスポーを直訳すると?

この記事でを見ている方で左利きの方はいますでしょうか?
人からよく、サウスポーだね!などと言われないでしょうか!
または、右利きの方も左利きの方を見ると、ついサウスポーだね!と話しかけたりしないでしょうか!

普段はなんとなく、左利きという意味でサウスポーという言葉を使っていると思いますが、本来の意味と語源はご存じでしょうか?
サウスポー(southpaw)を辞書で引くと、南の手となります。
正直、意味が全くわかりませんよね!

直訳すると意味がわからなくなるという事は、日本人が勝手に作った造語?
そう思った方もいるとは思いますが、サウスポーはちゃんとした英語なんです!

スポンサーリンク

サウスポーの語源とは

サウスポーについては、south(南)とpaw(前足)を繋げた造語です。
このサウスポーという言葉は、メジャーリーグで作られたという説が有力なようです!

野球をやった経験にある人はわかると思いますが、夕方などに野球をやると、西日がまぶしくて、球が全然見えないなんてことがありますよね!
そのため、ピッチャーが投げる際に西日でまぶしくなる事を防ぐために、野球場には以下の工夫がされています!

・ホームベースが西にある
・ホームベース裏の観客席に屋根がついていて、日の光が入らないようになっている

そうなると、一塁が南、二塁は東、三塁は北ということになりますね!
つまり、左効きのピッチャーがボールを持っている方角が一塁側(南)ということになります!

もう意味はわかりましたよね!
南の手から投げ込むため、サウスポーなんです!

そのため、サウスポーの本来の意味は、野球用語であり、左利きのピッチャーをさす言葉なんですね!
それが、ただの左利きという意味に変化していったということです!

ちなみに、右利きだからといって、ノースポーという言葉は存在しないようです。

サウスポーの語源には他の説もある?

南の手から投げ込むためサウスポーという説が1番有力な説だと説明しました。
しかし、実は諸説あり、正確な事はわかっていない状態です。

もう1つの説は、当時のメジャーリーグで左効きのピッチャーが、アメリカ南部出身の選手が多かったからという説です。
アメリカ南部ばかりに左効きが集中するとは思えないので、やはり有力な説だとは言えないと思います。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.ピッチャーの腕の方角」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

本来の意味はご存じだったでしょうか!
広い意味では、左利き全般を指すため、普段はあまり気にする必要はないです!
これぞ雑学という感じですね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
脱獄した囚人がそのまま就職、その職業とは?
歴史上最も短い戦争はわずか40分で終了した!?
明治時代の超能力裁判とは!?

まとめ

野球場は規定により、ホームベースが西、一塁が南、二塁が東、三塁が北となっている。
そのため、左利きピッチャーは、南側の手から投げ込むこととなるため、サウスポーと呼ばれた。
元は野球用語だったが、広義の意味で、左利きという意味で使われるようになった。
諸説あり、アメリカ南部出身の選手に左効きピッチャーが多いため、サウスポーと呼ばれるようになったという説がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です