このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグビーボールが楕円形である理由

ラグビーボール画像
この雑学では、ラグビーボールがなぜ楕円形であるのか、その理由について解説します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ラグビーボールは昔、何で作られていた?
A.鳥の心臓
B.豚の膀胱
C.牛の肺
D.馬の心臓

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ラグビーボールが楕円形である理由

ラグビーボールだけ?

ラグビーといえば、日本がワールドカップで南アフリカに歴史的な勝利を手にしてから、大ブームが起きましたよね!
五郎丸選手の五郎丸ポーズも流行語大賞にノミネートされるほど、有名になりました。

日本を代表するスポーツ野球に始まり、サッカー、バスケットボール、卓球、テニスなどのスポーツがあります。
しかし、ボールは全て丸い形をしていますよね?

なぜ、ラグビーボールだけ楕円形をしているのか、疑問に思ったことはありませんか?
楕円形をしているため、どちらに転がるのかがわからず、それがまたゲームを面白くしている要素でもありますよね!

スポンサーリンク



ラグビーは反則から生まれたスポーツ?

まずは、ラグビーの起源について説明します。
ラグビーは1823年にラグビー校で行われたサッカーの試合が起源とされています。

サッカーを行っていた際に、ウィリアム・エリスという人物が、なんとボールを抱えて相手ゴールへ走りだしたのです!
そして、この反則をきっかけとして、手でもって走るのも面白い!ということで、ラグビーが生まれました。

ラグビーボールの改良と形の決定

もちろん、ラグビーというスポーツが始まって、最初からボールが楕円形だった訳ではありませんでした。

ボールを持って走るスポーツですが、ボールが重くプレーがしにくいとの声が最初に挙がりました。
まずは、軽量化する改良が行われ、ウィリアム・ギルバート氏により軽いボールが完成しました。

軽量化するにあたって、ギルバート氏は試行錯誤を重ねました。
その結果、豚の膀胱を使用して、ボールを制作することを思いつきました。

豚の膀胱を膨らませると、楕円形になります。
そして、膨らんだ豚の膀胱に、牛の皮を張り合わせて、それをボールとして完成させました。
豚の膀胱を使うとは、凄い発想ですよね!

実際にラグビーボールとして使用すると、とても軽くて走りやすかったため、楕円形が採用されることとなりました。

ラグビーのその後の歴史

ボールを持って走る販促からラグビーが生まれたことはわかりました。
その後、ボールを手でさばくことを認めない人と、ボールを手で扱っていい人とで意見がわかれました。
そして、足だけしか使わないサッカーと、手足の両方を使ってもいいラグビーとが別れ、やがて正式なスポーツとなりました。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.豚の膀胱」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

ラグビーボールが楕円形な理由はおわかり頂けましたか?
そもそもラグビーが反則から生まれたスポーツというのが、凄く意外ですよね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
動物と触れ合える○○カフェって、どれくらいあるの?
明治時代の超能力裁判とは!?
実は、点滴の成分はアレと同じ!?

まとめ

ラグビーはサッカーの試合中に行われた反則により生まれた。
ラグビーボールは当初は重く、形も丸いものを使用していた。
ラグビーというスポーツが始まって、最初からボールが楕円形だった訳ではなかった。
ボールの改良については、ウィリアム・ギルバート氏によって手がけられた。
ギルバート氏により改良が加えられ、豚の膀胱と牛の皮を使う事により、軽くて使いやすい楕円形のボールが完成した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です