このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトボールは元々、屋内スポーツだった!?

ソフトボール画像
この雑学では、ソフトボールのルーツとその歴史について解説します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ソフトボールは昔、何と呼ばれていた?
A.ホームベースボール
B.ハウスベースボール
C.インドアベースボール
D.レクリエーションベースボール

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ソフトボールは屋内スポーツ?

ソフトボールとは

ソフトボールは、体育の授業などでも1回は経験したことのあるスポーツなのではないでしょうか!
ソフトボールのルールはとても野球に似ていますよね!
しかし、ピッチャーが下手投げだったり、マウンドとバッターの距離が近かったり、塁館が短かったり、ボールが柔らかかったり、所々野球とは違いますよね!

注目度としては野球よりも低いですが、国際大会があるたびに、度々女子ソフトボール日本代表が取り上げられ、テレビでも放送されていますね!
日本のソフトボールは強く、メダル獲得が期待できる事から、国際大会での注目度が上がるのかもしれません。
野球とほぼ同じルールなので、みんながルールを知っている事から、注目を浴びるというのもありそうですね!

そんなソフトボールですが、意外なルーツがあります。
皆さんはご存じだったでしょうか?

スポンサーリンク



ソフトボールの歴史

まずは、ソフトボールの歴史についてです。
ソフトボールという種目の名称については、1926年にアメリカで正式に決定されたそうです。
この名称の考案者は、ウォールター・ハケンソンという方です。

1933年には、アマチュアのソフトボール協会が設立されました。
そして、初代の会長には、当時、シカゴのジャーナリストだったL・H・フィッシャー氏が就任しました。

そして、ルールの標準化が行われたのが翌年の1934年となり、ソフトボールは正式種目として誕生することとなりました。

ソフトボールの意外なルーツとは?

それでは、ソフトボールがどのように誕生したのかを説明しましょう!
ソフトボールは元々、体育館など屋内で行われていました。

そして、当時は正式なルールなどはもちろんなく、ボールもバットもありませんでした。
そこで、ボクシングのグローブをボールにして、箒をバットにして遊んでいたそうです。

これが現代のソフトボールのルーツとなりました。
ボクシンググローブがボールのため、どんなに打っても遠くへは飛びませんでした。

しかし、ジョージ・ハンコック氏が、屋内のスポーツとして可能性を感じ、競技化しました。
ソフトボールが競技として始まったころは、インドアベースボールという名前で親しまれていたそうです。
そして、1920年ごろになると、屋内だけではなく、屋外でも楽しまれるスポーツとなりました。

他には、プレイグラウンドボール、レクリエーションベースボール、ソフトベースボールなどの名称でも呼ばれていたそうです。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.レクリエーションベースボール」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

元々はボクシンググローブを打っていたとはかなり驚きですね!
ボールが柔らかくて安全なため、今も色々な場所で楽しまれているスポーツですね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
簡単に熟睡とほぼ同じ効果を得る方法
猫の大好物は魚じゃない?
自分でくすぐっても、どうしてくすぐったくないの?

まとめ

ソフトボールは、1926年に名称が決定され、1934年のルール標準化により正式種目として誕生した。
元々は体育館で、ボクシンググローブを箒で打つ遊びとして楽しまれていた。
その後、正式な協議となり、インドアベースボールという名前で親しまれた。
他には、プレイグラウンドボール、レクリエーションベースボール、ソフトベースボールなどの名称でも呼ばれていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です