このエントリーをはてなブックマークに追加

正露丸の意外な意味と語源とは?

正露丸画像
この雑学では、正露丸の歴史と、正露丸に込められた名前の意味と語源について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

正露丸は元々何のために作られた?
A.睡眠薬
B.胃痛
C.出産
D.戦争

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

正露丸の意外な意味と語源

正露丸とは?

皆さんは正露丸をご存じでしょうか?
ラッパのマークでお馴染みの正露丸ですよね!

正露丸はアイキャッチの画像にもあるように、黒くて小さな玉状の薬です。
そして、なんといっても臭いですよね!
蓋を開けた瞬間に鼻を突くような、そんな独特な臭いがします。

しかし、お腹の調子が悪い時などには、正露丸は本当に効くんですよね!
そんな正露丸ですが、実は、最初から正露丸という名前だったわけでは無いんです!

スポンサーリンク

正露丸の初登場は日露戦争!

1904年に日露戦争が行われていました。
その当時、ロシアへ進軍した兵士が、衛生に悪い水などを飲んで、胃腸を悪くして病気にかからないようにするため、正露丸を持ち歩いていました。

当時の正露丸は陸軍省が製造を行っており、戦争のために作られた薬でした。
そして、正露丸という名前についても、征露丸という表記になっていました。

これは、ロシアを征服するという意味を込められてつけられていたそうです。
また、正露丸のラッパのマークに関しても、陸軍が進撃する際に使われたラッパをモチーフにしています。

当時の戦争には欠かせない薬が正露丸だったんですね!
現代まで残っているという事は、やはり効き目は抜群だったということでしょうか?

正露丸のその後

日露戦争後、しばらくは征露丸という名前が使用されていました。
その後、何度か名前が変わりましたが、最初に名前が変更されたのは、太平洋戦争の終結後でした。

1946年、大幸薬品の創始者である・柴田音治郎氏が、陸軍省から征露丸の製造販売権を継承しました。
それから3年経過した後、国際関係を考慮した上で、ロシアを征服するという意味が込められた征露丸の名前が見直され、中島正露丸という名前になりました。

その後の1954年に、現在と同じ名前、正露丸に変更されました。
正露丸の長い歴史を感じますね!

正露丸の現在

現在の正露丸は、戦争当時に使われたものとは、成分が異なっています。
また、衛生状態がよくない東南アジアの国を中心に、家庭の常備薬として正露丸が活躍しているそうです!

アメリカなどでは、健康補助食品として認可を受けているそうです!
元々は戦争用でしたが、世界でここまで役立っているのは日本人として誇りがもてますね!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.戦争」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

正露丸の歴史が100年以上あるのは意外でしたね!
昔から日本人には欠かせない薬であることを物語っています!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
脱獄した囚人がそのまま就職、その職業とは?
ラグビーボールが楕円形である理由
人間が視線を感じる事ができるのは、ウソ?ホント?

まとめ

正露丸が初登場したのは、日露戦争時代で、最初は征露丸という名前だった。
そして、陸軍が進撃するために用いたラッパのマークを使っていた。
太平洋戦争後に名前が変更され、中島正露丸という名前になった。
現在の正露丸という名前になったのは、1954年のことだった。
現在は、東南アジアを中心に世界で活躍する薬となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です