このエントリーをはてなブックマークに追加

胃酸によって胃が消化されない理由

胃酸画像
この雑学では、胃酸によって胃が消化されない理由について説明します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

胃液に含まれている物質とは?
A.ヒスタミン
B.カテキン
C.カプサイシン
D.ペプシン

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

胃酸によって胃が消化されない理由

食べ物は何でも溶かしてしまう胃液

皆さんが意識をするしないに関わらず、生きている限りは身体は活動を続けています。
それは、胃も同じです。

食事をした際に、食べ物は口の中で細かく分解され、食道を通り、胃に到達します。
その時、意識をするわけでもないのに、胃液が出て、栄養を吸収しやすいように食べ物を消化しますよね!

ここまでは、皆さんもご存じのとおりだと思います。
しかし、胃は常に動き続けているということは、常に胃液も分泌されている状態だということです。

胃液は無色・無臭・強酸性の消化液であり、塩酸、たんぱく質分解酵素のペプシンなどで構成されています。
強酸性の消火液ということもあり、大抵のものは溶かしてしまいます。

しかし、何故か胃そのものだけは消化されません。
強い胃酸が分泌されるのに、これは一体どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク

胃酸を防ぐ機能

実は、胃には2つの防御機能が存在します。
この2つの防御機能が、巧妙なチームワークを発揮することにより、胃そのものは消化されないわけですね!

その2つの防御機能とは以下の内容となります。
・胃の粘膜から胃壁を守る粘液が分泌される機能
・胃壁から塩酸を中和する物質が分泌される機能

以上の2つの機能により、胃は守られています。
この2つの機能がどのように使われているのかを解説します。

胃壁を守る粘液

まずは、粘液についてです。
この粘液は、胃液が分泌される直前に、素早く分泌されて胃壁をカバーします。

塩酸を中和する物質

続いて、塩酸を中和する物質についてです。
この物質は、粘液が分泌された後に、粘液と胃壁の間に張り巡らされます。

このようにして、胃を2重でガードしているんですね!
これで完璧かと思われますが、実はそうではありません。

この粘液と物質のガードにも、弱点が存在します。

ストレスという弱点

それは、ストレスによる弱点です。
胃はほかの内臓と同じで、自律神経による影響を受けます。

特にストレスなどで交換神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと、すぐに胃壁と血流に影響が出ます。
この影響により、粘液の分泌量が減ってしまいます。

粘液の分泌量が減ってしまうということは、胃を守る力が弱まってしまい、胃酸によって胃を痛めてしまいます。
これが長く続く事によって発生する病気が胃潰瘍です。

やはり、2重のガードが重要で、そのガードが無くなってしまうと、胃も他の物質と同じく消化されてしまうんですね!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.ペプシン」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

よくストレスで胃が痛くなるといいますが、2つの防御機能が弱くなっているということだったんですね!
あまりストレスを感じながら生活はしたくないものです。

他にも、こんな雑学がお勧めです。
風邪の時に食べても意味がないものや、負担になるもの
ソフトボールは元々、屋内スポーツだった!?
肩こり解消に効く魚がいる!?

まとめ

胃は塩酸、たんぱく質分解酵素のペプシンなどを含んだ、強酸性の消火液である。
胃には2つの防御機能が存在し、胃酸を防いでいる。
1つめは「胃の粘膜から胃壁を守る粘液が分泌される機能」である。
2つめは「胃壁から塩酸を中和する物質が分泌される機能」である。
ストレスにより、防御機能が弱まるため、胃酸で痛めてしまう病気が胃潰瘍である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連コンテンツ

注目記事

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です