このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロウィンといえばカボチャ…じゃなくてカブだった?

ハロウィンかぶ
この雑学では、ハロウィンといえばカボチャのイメージですが、そうではなくカブだったことについて、また、その歴史を解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ハロウィン発祥の国は?
A.アイルランド
B.アメリカ
C.イタリア
D.ニュージーランド

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ハロウィンの歴史

ハロウィンの起源

近年では、日本にもかなり普及してきたハロウィンですが、日本では色々なコスプレをするお祭りとして楽しまれていますよね!
また、仮装した子供たちが色々な家をまわってお菓子をおねだりしたり、家をかぼちゃなどで飾り付けする家庭もあります。

そんなハロウィンですが、起源についてご存じでしょうか?
ハロウィンの起源は紀元前5世紀とかなり古く、歴史の深い行事だったのです!

ハロウィンはアイルランドに住んでいた古代ケルト民族のサムハイン祭りから始まったとされています。
サムハインとは死の神のことで、ハロウィンの日には、その年に死んだ人々が、あの世に行く前にとり憑く人間や動物を探しまわると考えられていました。

そこで人々は、自分たちが怪物などの格好をして、逆に死者を怖がらせようとしたのです。
現在は子供のためのイベントとなっていますが、当時は大人のためのイベントでした。

大人たちが真剣に変装をして、わざと大騒ぎをするような行事だったそうです。
そして、アイルランドにキリスト教が伝わったころにサムハイン祭りは、キリスト教と融合して、万聖節の前夜祭、ハロウィンとなったのです。

スポンサーリンク



カボチャではなくてカブ?

ハロウィンで一般的によく知られているカボチャのお化けは、ジャック・オー・ランタンですよね!
カボチャの中身をくりぬいて、中にろうそくを入れて提灯のように火を灯します。

しかし、アイルランドではなんと、ジャック・オー・ランタンはカボチャではなく、カブでつくられていたのです!
そもそもジャック・オー・ランタンとはなんなのでしょうか?

ジャック・オー・ランタンとは

大酒のみのジャックという男が死にましたが、多くの罪を犯していたため、天国にいはいけなかったそうです。
更に、悪魔をだましたという事もあり、地獄にも行けませんでした。

そして、ジャックはカブをくりぬいた提灯を手に持って、この世を彷徨い歩いたそうです・・・
このお話が元となって、カブのジャック・オー・ランタンが生まれたわけですね!

カボチャで作られるようになったのはいつごろ?

それでは、いつからカボチャで作られるようになったのでしょうか?
それは、1840年代になってからでした。

この頃のアイルランドでは飢饉となっており、多くの人がアイルランドを離れてアメリカに移住していました。
そこで、ハロウィンの習慣をアメリカに広めましたが、当時のアメリカではカブが栽培されていなかったそうです。

そこで、たくさんああった大きなカボチャを使って、ジャック・オー・ランタンを作りました。
カボチャの方が細工がしやすく、更に、大きくて色鮮やかなため、見映えもいいものとなりました。

こうして、カボチャのお化けを世界中に広まり、ハロウィンに欠かせない存在となったのでした。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.アイルランド」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

ジャック・オー・ランタンが元々カブだったとは意外でしたね!
来年のハロウィンはカブを使ってみるのはいかがでしょうか!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
短期で簡単!最も効果的な記憶術とは?
実は、点滴の成分はアレと同じ!?
ラーメンを食べると鼻水がでるのはなぜ!?

まとめ

ハロウィンは紀元前5世紀ごろに、死者を驚かせる行事として、アイルランドで始まった。
やがて、キリスト教と融合して、10月31日に行われるようになった。
元々はカブでお化けを作っていたが、アメリカに移住した際に、カボチャのお化けとして広まった。
カボチャの方が細工がしやすく、更に、大きくて色鮮やかなため、見映えもいいものとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です