このエントリーをはてなブックマークに追加

エレベーターの中で会話が無くなるのはなぜ?

エレベーター会話
この雑学では、エレベーターに乗ると、なぜ会話がなくなるのかについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

エレベーターの中で会話が無くなるのはなぜ?
A.労力の無駄だから
B.私有空間を侵害されているから
C.なんとなく
D.重力が関係している

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

エレベーターの中でなぜ会話が無くなるのか

エレベーターで過ごす沈黙の時間

皆さんは、友人などとエレベーターに乗った時、他の人と乗り合わせた時にどうしていますか?
ちらっと天井を見上げてみたり、エレベーターのパネルを観察してみたり、あるいは携帯電話をいじってみたり・・・

会話のないエレベーターの中は、とても長い時間に感じられます。
そして、自然と会話はなくなるのではないでしょうか。

迷惑などお構いなく会話をしている人もいますが、とても稀なケースかと思います。
しかし、その迷惑を考えれば、なぜエレベーターの中で会話が無くなるのか、根本的でもっとも重要な理由が浮き彫りとなります。

スポンサーリンク

無礼だから

3人以上の人間が乗り合わせたエレベーターでは、鼻を突き合わせるような近い距離になりますよね?
誰かひとりと話して、残りの人を無視するのは、礼儀を欠いている感じがします。

しかし、乗り合わせたのがたったひとりの場合でも、人は大抵は押し黙っていますので、以下の第二の理由が考えられます。

時間の無駄だから

エレベーターで会話をしようとしても、短い間に終了してしまうので、あまり意味がないですよね!
つまり、そこでの会話については、エネルギーの無駄というわけです。

人間とは、精神のエネルギーを胸の内に蓄えておこうという傾向があります。
意識しているにせよしていないにせよ、日常生活の中で会話しようとする相手の範囲を制限するものです。

仮にエレベーターで乗り合わせた人と、エレベーターの会話友達になったとします。
しかし、そうなると、今度エレベーターに乗ったときに不愉快な葛藤が生まれるかもしれません。

そのエレベーター友達と乗り合わせたとき、別の人がいっしょだったらどうするのか。
押し黙って失礼な態度はとりたくありませんし、かといって、遠慮なくべらべらと会話するわけにもいきません。

色々と気を使って疲れてしまいますよね?
しかし、これだけでは、エレベーターに乗ったときのあの緊張感の説明はできません。

そこで、以下の第三の理由が考えられます。

私有空間を侵害しているから

人間は皆、それぞれの周囲に自分の空間を持っています。
その空間が何かによって侵害されると、緊張したり、不快になったりするのが人間です。

その空間は具体的にどれくらいの大きさかについては、アルバータ大学の社会学者レスリー・ヘイダックの研究により判明しています。
人間は、70センチメートル以内に他人が侵入したときに、はっきりとした不快感を覚えるそうです。

この不快感については、50センチメートルから顕著に増加して、30センチメートル以内になれば、正面から他人が侵入する場合に限れば、我慢はできなくなります。
ただしこの不快感は、顔の正面では大きく、横や後ろからでは小さめになります。

自分の空間が侵害されると、例えばそればエレベーターの中に乗り込んでいる時であっても、緊張したり、警戒したり、感覚器が敏感になったりします。

したがって、エレベーターの中では、時間の経過があんなに遅く感じられ、また、沈黙の存在に気づかされるのです!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.私有空間を侵害されているから」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

エレベーターの中でも構わずに会話できる人は、私有空間が人よりも狭いか、または存在しないということですかね!
マナー違反と感じる方もいるみたいなので、エレベーター内の会話はなるべく控えるようにしましょうね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
大学芋や大学ノートの「大学」ってどこの大学?
サウスポーの意味と、意外な語源とは?
肩こり解消に効く魚がいる!?

まとめ

エレベーターで会話がなくなるのは、無礼だから、時間の無駄だからと考えられる。
また、人間には私有空間が存在し、その私有空間が侵害されている状態なので、緊張状態や警戒状態となり、会話が無くなる。
私有空間の大きさは約70センチメートルだとされている。
70センチメートル以内に他人が侵入した際には、はっきりとした不快感を覚えてしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連コンテンツ

注目記事

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です