このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂に敷かないのに、なぜ風呂敷なの?

風呂敷
この雑学では、風呂に敷かないのに、なぜ風呂敷という名前なのか、その理由について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

風呂敷は昔、何という名前だった?
A.布包
B.風呂布
C.平包
D.布平

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

風呂に敷かないのに、なぜ風呂敷という名前なのか?

風呂敷とは?

皆さんは風呂敷がそもそもどんなものかをご存じでしょうか?
風呂敷といえば、なんでも包めて持ち運びが便利になるうえに、使わないときにはコンパクトにたためて場所もとらない便利なグッズ、そんなイメージがありますよね!

しかし、現代の生活では、昔に比べるとぐっと使う機会が減ったように思います。
何か贈り物をする時に、その景品を包むために使用する程度ですよね!

大きさについては、縦横それぞれ70センチ前後のものがもっとも多く一般的です。
そして、素材については、化学繊維の風呂敷が全体の60パーセントを占めています。

絵柄については日本古来のものが多く種類も豊富なことから、特にはい黒人へのお土産には大変喜ばれるそうです。
そういえば、外国人が買っているイメージが強いですよね!

しかし、風呂敷はもともと別の用途で使われていたのです!

スポンサーリンク



もともとは風呂場で使うものだった!?

もともとの風呂敷は、そもそも荷物を持ち運ぶために包む用途ではなく、風呂場で使われていたのでした!
奈良時代から、衣類を包むための「平包」という布がありました。

自分の着物と他人の着物を間違わないように、平包につつんで区別していたそうです。
平安時代の「扇面古写経(せんめんこしゃきょう)」という装飾経の下絵には、衣類を平包につつんで頭の上に載せて運ぶ女性が描かれています。

では、どうして平包が風呂敷という名前に変わっていったのでしょうか?
室町時代になると風呂が流行し、一度に大勢の人が入れる大浴場が建ち、大名が一緒に入浴するようになりました。

その際には着物を平包で包んで置き、風呂からあがると包をほどいてその上に腰を下ろしていました。
そして、湯上がりの体を休ませてから衣服を着たそうです。

風呂の後に敷くから風呂敷

その後、江戸時代になってからは、風呂のあとに敷く=風呂敷という名前に変わったと言われています。
この頃になると、大浴場での入浴は裸ではなく、男子は風呂ふんどし、女子は風呂用下着を着て入浴している習慣がありました。

入浴後に濡れたふんどし等を包んでもち帰るためにも風呂敷は必要不可欠となり、銭湯の発達とともに一般庶民にまで普及していきました。
風呂敷の使い道としては、そのほかにも蒸し風呂の床板に敷いたり、湯上がりの足ふきに使ったりもしたそうです。

ただし、江戸時代中期の頃には、風呂ふんどし等がなくなり、脱衣かごや棚が登場することで、本来の風呂敷の役割は影を薄めていったのでした。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C.平包」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

実際に風呂に敷いてたなんて、現代の用途からは全く想像がつきませんよね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
誰とでも簡単に仲良くなれる方法とは!?
歴史上最も短い戦争はわずか40分で終了した!?
ワイシャツの裾は、なんであんな形をしているの?

まとめ

風呂敷は元々、平包という名前で衣類を包むのに使われていた。
室町時代には、湯上がりに体を休ませるために腰を下ろして使っていた。
そして、江戸時代には風呂の後に敷くことから風呂敷という名前になった。
江戸時代中期の頃には、風呂ふんどし等がなくなり、脱衣かごや棚が登場することで、本来の風呂敷の役割は影を薄めていった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です