このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンピックが四年に一度なのはなぜ?

オリンピック
この雑学では、オリンピックが四年に一度なのはなぜなのか、その理由を解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

古代のオリンピックは何年周期で行われていた?
A.2年
B.4年
C.6年
D.8年

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

オリンピックが四年に一度なのはなぜ?

オリンピックで季節のズレを調整していた?

世界中がスポーツで熱狂する祭典、それがオリンピックですよね!
それぞれの国の代表が、国の威信をかけて競技を行い、その中で様々なドラマが生まれます。
次のオリンピックが待ち遠しいですよね!

近代オリンピックが四年に一度開催されるのは、ギリシャでの古代オリンピックに倣ってのことだそうです。
しかし、その古代オリンピックも、実は始めは8年おきに開催されていたのです!

4年でも長く感じてしまうのに、その倍も期間が空いていたんですね!
古代オリンピックが始まったのは紀元前9世紀のころとされています。

そのころの古代ギリシャ人は太陽暦と太陰暦を併用していたそうです。
太陽暦の8年は、太陰暦のほぼ8年3ヶ月にあたります。

そこで、季節のズレを調節するため、8年に1度は3ヶ月長くなるうるう年が設けられ、古代オリンピックは、この3ヶ月の間に行われていたと考えられています!

スポンサーリンク

オリンピックは宗教儀式だった!?

この8年という長さは、古代ギリシャ社会では重要な単位でした。
そもそも、古代オリンピックはゼウス神に捧げる宗教儀式であり、宗教は暦と密接な関わりを持っていました。

しかし、うるう年が8年おきで3ヶ月をまとめて調節するのでは、季節のズレが大きすぎました。
そこで、4年目に1ヶ月、次の4年で2ヶ月と調節するようになり、8年に1度で間が空きすぎていたオリンピックも、4年に1度の開催になったのでした!

はっきりと年代が確定できている最古のオリンピックについては、紀元前776年に行われたもので、これ以後は4年に1度ずつ開催されているそうです。
ただし、諸説あって、中断が原因で4年に1度になったという説もあります。

古代オリンピックには長らく中断されていた時期があり、紀元前776年のオリンピックは都市国家エリスのイヒテス王が復活させたものでした。

オリンピックは1度無くなり、新しくなった

イヒテス王が復活させた時には、かつての開催方法やルールは忘れ去られていたそうです。
中断時期がそれほど長かったため、オリンピックを復活させるためには、全ての方法を新たに定め直す必要がありました。

イヒテス王は、開催時期を太陽暦の8年の半分である4年に1度、太陰暦では49ヶ月に1度と50ヶ月に一度を交互に繰り返すこととして、これが近代オリンピックにまで受け継がれているそうです。
近代オリンピックの夏期大会が、第一回のアテネ大会以降、うるう年に開催されているのは偶然にすぎません。

古代に合わせてうるう年を選んで開催をしているわけではないそうです。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.8年」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
年越しや引越しでなぜそばを食べるのか
肩こり解消に効く魚がいる!?
ホワイトハウスは元々ブラックハウスだった!?

まとめ

近代オリンピックが4年に1度開催されるのは、ギリシャの古代オリンピックに倣っている。
古代オリンピックでは8年の1度の周期で開催され、太陽暦と太陰暦のズレを修正する時期に行っていた。
また、オリンピックはもともと宗教儀式だった。
オリンピックは1度中断され、復活持に方法などが一新され、4年に1度となり、近代のオリンピックまで受け継がれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です