このエントリーをはてなブックマークに追加

野球は昔、21点先取制ルールだった!?

野球昔21点
この雑学では、野球が9回制ではなく、21点先取制ルールだったことについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

野球が9回制になるきっかけとなった職業は?
A.料理人
B.審判
C.プロ野球選手
D.応援団

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

野球は昔、21点先取制ルールだった!?

野球の昔のルール

野球といえば、基本的には9回でゲームセット、このルールが一般常識ですよね!
実はアメリカで野球が生まれた当初は、回数制ではなく「21点先取」というルールで試合が行われていたのです!

しかし、野球で21点を取るのは、かなり辛いですよね!
プロ野球を見ていても、21点も点数が入る試合はほぼ無いと言ってもいいです。

更に、当時のルールはかなり大雑把で、ピッチャーの投球がボールだったとしてもカウントされず、フォアボールが存在しなかったのです!
このため、試合は延々と続いてしまい、1日をかけても決着がつかない場合もありました!

野球は楽しいスポーツですが、さすがに1日中続けていたら飽きてしまいそうです。
そして、このルールのままでは困ると声を上げたのは、なんと料理人だったのでした!

スポンサーリンク



昔は試合の後に親睦会があった!?

当時の野球では、試合が終わると相手を食事に招いて乾杯をして、互いに親睦を深めるのが習慣になっていました。
そのため、わざわざ各チームには専属の料理人がついていたのです!

しかし、21点先取の試合では、いつ試合が終わるのか全く見当がつきません。
おいしい料理を出すためには、食べ始める時間から逆算して調理を開始するのが料理人として常識です。

せっかく温かい料理を作ったのに冷めてしまったり、逆にいきなりの大量得点で試合が終わってしまい、お腹をすかせた選手たちが一斉に引き上げてきたりして、料理人としては大変困りました。
これでは、おいしい料理をふるまう事ができないと、チーム専属の料理人たちがクレームをつけたのでした!

試合が時間制、あるいは回数制ならば、ある程度の試合終了時間の見極めができますよね!
昔はのんびりとしていた時代でしたが、料理人以外の人々もだらだらと続く試合にはうんざりしていたんでしょう。

結局は、試合後の食事をつくる料理人からのクレームをきっかけにして、野球は9回制ルールが採用されることとなりました!

なぜ9回で終わりとなったのか?

それでは、なぜ9回という半端な回数になったのでしょうか?
10回ならばわかりやすいですが、あまりにも中途半端ですよね!

それには二つの説があります。
1つは、料理人たちが、もう我慢できないとばかりに声を上げていたのが、たまたま試合の9回だったという説です。

そしてもう1つの説は、当時のアメリカで用いられていた12進法に沿って、切りのいい3の倍数のなかから、適切と思われる長さの9回を選んだという説です。
もしも、日本人がルールを定めていたのなら、10進法に沿って、切りのいい10回制というルールにしていたかもしれませんね!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.料理人」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

9回がちょうどいい長さだから、ここまで親しまれて見やすいスポーツになったのかもしれませんね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
びっくりするほどみかんを長持ちさせる保存方法とは!?
正露丸の意外な意味と語源とは?
ソトボールは元々、屋内スポーツだった!?

まとめ

野球は昔21点先取ルールで行われており、試合後には親睦会が行われていた。
更に、当時のルールはかなり大雑把で、フォアボールが存在しなかった。
親睦会で料理を作る際に、終わるタイミングがわからず、料理を出しづらいことと料理人からクレームがあり9回制になった。
9回制になったきっかけは、料理人が声を上げたのが9回だった説と、12進法に沿って9回にした説と、2通りの説がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です