このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいみかんの見分け方とみかんを甘くする方法とは!?

甘いみかん見分け方甘くする
この雑学では、美味しいみかんの見分け方とみかんを甘くする方法について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

美味しいみかんの見分けかたとして間違っているものはどれ?
A.濃い橙色をしている。
B.色にムラがない
C.皮のキメが細かい
D.皮と実が離れている

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

甘いみかんの見分け方とみかんを甘くする方法とは!?

冬と言えばみかん!

冬といえばコタツでみかんですよね!
みかんはビタミンCがとても豊富に含まれており、体調管理にも役立ってくれる非常に栄養価の高い食べ物です!

そんな、普段の生活に欠かせない果物であるみかんですが、どうせなら、少しでもおいしい状態のものを買って食べたいですよね?
今回は、おいしいみかんの見分け方から、買ってきたみかんを更に甘くする方法などを紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

美味しいみかんの見分け方とは?

さっそく美味しいみかんの見分け方を学習していきましょう!
美味しいみかんは、濃い橙色をしていて、色にムラがなく、皮が薄くて、しっとりとしています。

また、みかんの皮をよく観察すると、オレンジ色の濃いツブツブのようなものがありますよね?
それは、「油胞(ゆほう)」と呼ばれているもので、油胞が多いほど、きめの細かい皮となります。

この皮のきめが細かいみかんが美味しいみかんなのです!
その理由として、きめが細かいみかんは、そのほとんどがぶら下がった枝の先に付いている実だからです。

ぶら下がったみかんは当分がたまりやすく、甘くおいしいみかんが多いのです。
みかん狩りの際にも、ぶら下がったみかんを中心に探せば、美味しいみかんが見つかるかと思います!

その他にも、ヘタが小さいほど甘いなどの特徴があります。
ヘタが小さいみかんは、時間をかけてじっくりと仕上げられた実で、完熟して中身が十分仕上がっている証拠なのです!

逆に、皮と実が離れているものは避けるようにしてください。

酸っぱいみかんを甘くする方法とは?

みかんの選び方に失敗してしまい、酸っぱいみかんを買ってしまうことってありますよね?
そんなときには、みかんをキャッチボールのように投げ合ったり、お手玉のように何回か投げてつかむという動作を繰り返して下さい。

びっくりするほど甘くなります!
みかんは、衝撃や振動に非常に弱い果物です。

つまり、ちょっとした衝撃で、内部に変化が起こってしまうのです。
みかんに衝撃を与えると、酸が減少するほかにもいろんな変化が起き、このため甘くなります。

しかし、あまりに強い衝撃を与えてしまうと、みかんの細胞が破壊されてしまうため、食べにくくなってしまいます。

あくまで、軽いキャッチボールぐらいの衝撃がちょうどいい衝撃です。
また、衝撃を与えるのは食べる直前にしてください。

というのも、1度衝撃を受けたみかんは腐りやすくなり、長期保存ができなくなってしまうからです。
箱入りのみかんで、腐っているものが混じっていた場合は、運搬している途中で、その部分に強い衝撃が加わった証拠です。

みかんを長持ちさせる方法などもありますので、以下の記事を参考にしてみてください!
びっくりするほどみかんを長持ちさせる保存方法とは!?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.皮と実が離れている」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

今回紹介した方法を使って、ぜひ今後は美味しいみかんを食べてくださいね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
全く知られていないトランプのマークと絵柄の本当の意味
風邪の時に食べても意味がないものや、負担になるもの
ハイジャックには意外な語源が存在した

まとめ

美味しいみかんは、濃い橙色をしていて、色にムラがなく、皮が薄くて、しっとりとしていて、皮のキメが細かい、ヘタが小さいなどの特徴がある。
また、みかんに衝撃を与えることにより、みかんを甘くすることが出来る。
お手玉や軽くキャッチボールをするぐらいの衝撃がちょうど良い。
1度衝撃を受けたみかんは腐りやすくなり、長期保存が出来なくなってしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です