このエントリーをはてなブックマークに追加

カタルシスの意味と語源、誰でもわかるように解説します!

カタルシス意味語源
この雑学では、カタルシスという言葉の意味と語源について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

カタルシスという言葉の意味は?
A.快楽
B.精神的な動揺
C.混乱
D.精神の浄化作用

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

カタルシスの意味と語源、簡単に解説します!

カタルシスという言葉のイメージ

皆さんはカタルシスという言葉の意味をご存じでしょうか?
普段、あまり耳にする言葉ではありませんが、たまに耳にすると「?」が浮かんでしまう言葉なのではないでしょうか?

カタルシスという言葉を聞くと、とても難しい言葉なんじゃないかとイメージしてしまいますよね!
使われ方としては「演劇を見てカタルシスを感じた」「カタルシスを感じてしまう音楽」などの使われ方をします。

今回は、このカタルシスという言葉について、出来るだけ簡単に、誰にでもわかるように解説したいと思います!
具体例なども載せますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク



カタルシスという言葉の意味について

まずは、カタルシスという言葉の意味について解説します。
カタルシスという言葉を調べてみると以下のような意味であることがわかります。

・心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されること
・精神の浄化作用

少し難しいので、例を挙げて解説します。
例えば、凄く落ち込んでいる時に、そのままずるずると感情を引きずっているよりも、いっぱい泣いてすっきりすることってありませんか?

それが、カタルシスなのです!
心に溜まっていた感情を解放したことにより、精神が浄化された訳ですね!

落ち込んでいる時以外にも、カタルシスを感じることがあります。
それは、映画を見る時や、音楽を聴いている時です。

映画に感情移入したり、音楽の歌詞などを聞いて共感したり、そんな場面に思わず泣いてしまうことってありますよね?
そして、泣いた後にはすっきりとしています。

これもカタルシスを感じているという事になりますね!
カタルシスという言葉の意味についてわかったところで、続いてはカタルシスという言葉の語源について触れていきましょう!

カタルシスという言葉の語源

カタルシスという言葉の語源はとても古く、初めて使われたのは古代ギリシャとされています。
もともとは、アリストテレスが「詩学」に書き残した悲劇論から、「悲劇が観客の心に怖れと憐れみを呼び起こし感情を浄化する効果」を指す演劇学用語でした。

演劇学用語だったものが転じて、精神医療において「抑圧されていた心理を意識化させ、鬱積(うっせき)した感情を除去することで症状を改善しようとする精神療法」という意味になったのです!
医学用語としては、薬剤を用いて吐かせたり、下痢を起こさせる治療行為などにも使われていました。

ちなみに、ギリシャ語では「katharsis」と書き、英語では「catharsis」と書きます。
なるべく分かりやすく解説しましたが、ご理解いただけたでしょうか!?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.精神の浄化作用」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
びっくりするほどみかんを長持ちさせる保存方法とは!?
JRのキオスク?キヨスク?ってどういう意味なの?由来は?
知らないと恥ずかしい?正しい名刺交換のマナーとは?

まとめ

カタルシスの意味は「精神の浄化作用」である。
映画を見たり音楽を聴いたりしてすっきりすることも、カタルシスの作用の1つである。
カタルシスという言葉の語源は、アリストテレスの「詩学」に書き残されている悲劇論から、演劇学用語だった。
演劇学用語だったものが転じて、精神医療において「抑圧されていた心理を意識化させ、鬱積(うっせき)した感情を除去することで症状を改善しようとする精神療法」という意味になった。
元々は古代ギリシャ語であった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です