このエントリーをはてなブックマークに追加

アットマークにも意味があるんです!知っていましたか!?

アットマーク意味語源
この雑学では、「アットマーク」の意味と意外な語源について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

(@(アットマーク)」は英語圏でなんと呼ばれている?
A.クッキー
B.アルマジロ
C.カタツムリ
D.ロールケーキ

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

アットマークの意味と語源、あなたは知っていますか?

当たり前のように使われている@(アットマーク)

皆さんは「@(アットマーク)」というと何を思い浮かべますか?
一昔前から当たり前のように使われている記号ですよね!

「@(アットマーク)」といえば、まずはメールアドレスを想像する方が多いのではないでしょうか?
Twitterをやっている方ならご存じかと思いますが、リプライを返すときも「@(アットマーク)」が使用されますよね!

しかし、普段当たり前のように使っている「@(アットマーク)」ですが、ちゃんとした意味があるのはご存じでしょうか!
まずは、その意味について触れていきましょう。

スポンサーリンク



アットマークの意味

「@(アットマーク)」は実は正式名称ではなく、「単価記号」が正式名称となります。
意味について調べると、以下の内容であることがわかります。

・単価…で。…につき。

具体的には、「商品7個 @ $2 = $14」(商品7個 各単価2ドル 小計14ドル)のように用いられます。
ただの記号ではなく、ちゃんとした意味があることがわかりますね!

それでは、この「@(アットマーク)」はどのように誕生したのでしょうか?
その語源についてせまっていきましょう!

アットマーク)の語源とは?

「@(アットマーク)」の語源は諸説ありますが、筆者が1番有力であると判断した語源を紹介いたします。
皆さんの中でも、英語の「at」が語源になっているんじゃないか?と思っている方は多いと思います。

しかし、実は語源はラテン語の「ad」といわれているのです!
ラテン語の「ad」について解説すると、英語では「at、to、for」などを意味する言葉です。

それでは「@」という記号はどうやって誕生したのでしょうか?
一説では、中世の修道士が「a」の周りに「d」を書いたのが始まりだと言われています。

当時はコピー機などは無かったので、聖書を複製する際に、手書きで書きうつしていたそうです。
これは想像してみると大変な作業ですよね!

しかし、その過程で「略記表現」が発達して、「ad」が略されて「@」となっていったそうです。

なぜメールアドレスで使用されるようになった?

どうやって「@(アットマーク)」が誕生したのかはわかりましたが、いつからメールアドレスとして使われていたのでしょうか?
実は電子メールは結構昔から存在しており、1971年にレイ・トムリンソンという人が2台のコンピュータ間で電子メールを送信するという実験を行ったのがきっかけでした。

Aという端末からBという端末に電子メールを送る際に、Aという端末に自分ではない端末ということを認識させるため、「@」を使用したのが始まりです。
それからメールアドレスには「@(アットマーク)」が使われる事が定着していったわけですね!

アットマークの様々な呼び方

「@」の呼び方については、「アットマーク」と呼ぶのが一般的ですが、これはあくまで日本での呼び方で、世界共通ではありません。
英語圏では、「at sign」や「at symbol」と呼ばれています。

更に、世界各国では面白い呼び方がたくさんあるので、紹介します!

英語

cyclone … サイクロン
snail … カタツムリ

フランス語

arobase … アローバ(質量の単位)
escargot … エスカルゴ

スペイン語

arroba … アローバ(質量の単位)

ドイツ語

Klammeraffe … クモザル

オランダ語

apenstaartje … 猿のしっぽ

ロシア語

собака … 犬

以上となります。
日本では「アットマーク」として馴染みがありますが、世界では全く違うところは、とても面白く感じませんか?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C.カタツムリ」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
自分でくすぐっても、どうしてくすぐったくないの?
ラグビーボールが楕円形である理由
人間が視線を感じる事ができるのは、ウソ?ホント?

まとめ

「@(アットマーク)」の正式名称は「単価記号」であり、意味は「単価…で。…につき。」という意味になる。
語源はラテン語の「ad」とされている。
「@」の形は、中世の修道士が聖書を書きうつす際に、「a」の周りを「d」で囲むという略記表現を使った事から生まれたとされている。
メールアドレスで使われるようになったキッカケは、1971年に電子メールの実験を行う際、「自分の端末ではない」という意味で使ったことである。
英語圏では「at sign」や「at symbol」と呼ばれていて、世界では色々な表現で呼ばれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です