このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と簡単?重体と重傷と軽傷の違いとは!?

重体重傷軽傷違い
この雑学では、「重体」と「重傷」と「軽傷」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ケガの表現として誤ってるものはどれ?
A.入院の必要のない軽傷
B.意識不明の重体
C.全治1ヶ月以上の重傷
D.全治3ヶ月の重体

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

意外と簡単?重体と重傷と軽傷の違いとは!?

意外と知られていないケガの種類

皆さんは「重体」と「重傷」と「軽傷」の違いについて説明することができますか?
普段からよく聞くワードですが、意外と説明できないものですよね!

ニュースなどでは「○○で事故があり、重体が1名、重傷が3名でした。」のような報道がありますよね!
このようなニュースを見ると、思わず「重体と重傷の違いって?」と思ってしまうのではないでしょうか!

ケガの程度の違いによって使い分けてることはわかりますが、かなり曖昧でわかり辛いですよね・・・
今回はそんな「重体」と「重傷」と「軽傷」の違いについて、明確に解説します!

この雑学を読んで「なるほど!」と思ってもらえるようにわかりやすくひとつひとつの違いを見ていきましょう!

スポンサーリンク



重体とは?

ケガの程度として1番重たい症状が「重体」となります。
使い方としては「意識不明の重体」のような使い方をします。

このような使い方からわかる通り、重体は「脳や内臓などに大きな損傷があり、生死に関わる症状」であることがわかります。
重体は生命の危機状態にあることから「全治2ヶ月の重体」などの表現では使われません。

重体というワードが報道された場合は、大きな事故だったという事になります。

重傷とは?

続いては、「重傷」について解説します。
重傷は重体と違って、命に別状がない状態を指し、重たいケガをした場合に使われる言葉です。

具体的には、全治30日以上をかけて治すケガの事を重傷と表現します。
そのためニュースなどでは「全治2ヶ月の重傷」など、ケガを治すためにかかる日数もあわせて報道することが多いです。

そのため「全治2ヶ月の軽傷」などは存在しないことになります。

軽傷とは?

続いては「軽傷」についてです。
軽傷はケガの程度が入院加療を必要しない状態を指します。

「軽傷」という漢字からもわかる通り、ケガの程度としては1番軽いものとなります。
ここで、疑問になることがあります。

「入院が必要で全治が30日以内のケガはどうなるの?」という疑問です。

重傷でも軽傷でもないものは中傷

あまり耳馴染みのない言葉かもしれませんが、「中傷」という言葉があります。
中傷とは「重傷または軽傷以外のケガ」の事を指します。

ニュースで使われない理由としては、重傷と軽傷については漢字でケガの程度が想像できますが、中傷はとても曖昧になってしまうからと推察されます。
「重体」と「重傷」と「軽傷」だけでもわかりにくいのに、「中傷」までニュースで登場すると、さらにややこしく感じてしまいますよね!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.全治3ヶ月の重体」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

ややこしいですが、わかってしまえば意外と簡単ですよね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
海の水の塩辛さは変わる?変わらない?
イスラム教徒が豚肉を食べてはいけない意外な理由とは?
デフォルメの意味と語源、知っていましたか?

まとめ

重体は「脳や内臓などに大きな損傷があり、生命の危機がある状態」を指す言葉である。
重傷は「命に別状がない状態で全治30日以上のケガ」である。
軽傷は「入院加療の必要のないケガ」である。
中傷は「重傷でも軽傷でもないケガ」である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です