このエントリーをはてなブックマークに追加

「潮時」は誤用されている?本当の意味と語源とは!?

shiodoki
この雑学では、誤用されがちな「潮時」という言葉の意味と語源について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

潮時という言葉の本来の意味は?
A.引退する頃合い
B.諦める
C.物事の終始の良い頃合い
D.引き際

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

「潮時」は誤用されている?本当の意味と語源とは!?

「潮時」は全然違う意味で使われている!?

皆さんは普段「潮時」という言葉を使いますでしょうか?
実はこの潮時という言葉、結構な割合で誤用されている言葉なのです。

よくスポーツなどの引退会見などで「そろそろ潮時だと思いました。」などという使われ方をしていますよね!
この「潮時」という言葉を見たときに、皆さんはどのような意味を想像しましたか?

おそらく多くの方が「やめる頃合い」や「物事をやめるタイミング」などというマイナスな意味でとらえたのではないでしょうか?
しかし、その意味は全くもって間違えているのです!

今回はそんな間違えて使われがちな「潮時」という言葉の意味と語源について詳しくせまっていきます。
この記事を読んで、正しい「潮時」という言葉の使い方を学んでいってくださいね!

スポンサーリンク



潮時という言葉の本当の意味

それでは、「潮時」という言葉の本来の意味についてふれていきましょう。
「潮時」という言葉について調べてみると、以下のような意味であることがわかります。

・潮の満ちる時、また、引く時。
・物事を始めたり終えたりするのに、適当な時機。好機。「潮時を待つ」「ピッチャー交代の潮時」

以上の意味からわかるとおり、潮の満ち引きの意味合いであることはもちろんのことですが、前向きな意味で「ちょうどよい頃合い」という意味であることがわかりますね!
つまりは、「辞め時」という意味で使われていますが、本来は「物事の終始の良い頃合い」に使われる言葉だということですね!

世論調査では・・・

それでは、「潮時」はどの程度の割合で誤用されている言葉なのでしょうか?
文化庁により発表された「国語に関する世論調査」では、本来の意味である「ちょうどいい時期」と答えられた人が60.0パーセントいたそうです。

そして、本来の意味ではない「ものごとの終わり」という意味で答えた人は36.1パーセントいたそうです。
結構な割合で間違われていますよね、あなたは本来の意味を理解していましたか!?

「潮時」の言葉の語源

それでは、最後に「潮時」という言葉の語源についてふれていきましょう。
潮時とはもともと漁師の間で使われていた言葉です。

漁に出るときに、潮の状況がどのようになっているのかを見極めて、最も適切なタイミングで船を出せる頃合いを「潮時」といったのが、「潮時」という言葉の語源とされています。
「船を出す頃合い」から「物事を始めたり終わったりするにはいい頃合い」という意味に転じていったんですね!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C.物事の終始の良い頃合い」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

「潮時」という言葉の正しい意味、ご理解いただけたでしょうか!?

他にも、こんな雑学がお勧めです。
意外と知られていない、ブルペンとスラッガーの意味
テニスの点数の数え方はなぜ、15・30・40なの?
ニヒルの意味と語源、間違って覚えていませんか?

まとめ

潮時の本来の意味は「物事を始めたり終えたりするのに、適当な時期。」である。
世論調査では「ものごとの終わり」という間違えた意味で答えた人が36.1パーセントいた。
潮時とはもともと漁師の間で使われていた言葉で、「船を出すのに良い頃合い」という意味が語源となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です