このエントリーをはてなブックマークに追加

「無礼講」の意味と語源、間違えてませんか?

無礼講意味語源
この雑学では、意外と知られていない「無礼講」という言葉の意味と語源について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

無礼講の本来の意味とは?
A.身分・地位を無視して行う宴会
B.身分が上の者が下の者を敬う宴会
C.無礼が許される宴会
D.身内のみで行う宴会

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

無礼講の意味と語源、間違えてませんか?

「無礼講」という言葉は勘違いされている?

宴会のシーズンが始まるとよく使われる言葉がありますよね?
社会人の皆さんなら1度は聞いたことのある言葉「無礼講」です。

乾杯の挨拶などで「今日は無礼講です、楽しんで飲みましょう!乾杯!」のように使われますよね!
なんとなく意味が伝わってくる気がしますが、皆さんは本来の意味や語源をちゃんと理解して使っていますか?

「無礼講」という文字を見ると、皆さんはどんな事をイメージしますか?
「無礼」という字が入っているため、「目上の人に無礼も働いても許される」という風に考えていたなら、それは大きな間違いです!

意味を勘違いして、上司や先輩に無礼を働くと、怒られてしまうかもしれませんよ!
今回の雑学では、「無礼講」という言葉の本来の意味と語源について学んでいきましょう!

スポンサーリンク

「無礼講」という言葉の本来の意味

「無礼講」という言葉の意味を調べると、本来の意味は以下の意味であることがわかります。

身分・地位を無視して、行う宴会

身分と地位を無視しても良いということは、多少の無礼があっても良いのではないか?と考えてしまいますよね!
しかし、「無礼講」の語源を学ぶと、それは間違いであることがわかります。

続いては、「無礼講」という言葉の語源について触れていきましょう。

「無礼講」という言葉の語源と由来

そもそもですが、「無礼講」という言葉を区切るとするならば「無礼-講」ではなく「無-礼講」となるのです!
「無礼講」という言葉の語源は古く、平安時代に行われていた神事が語源とされています。

「無礼講」の「礼講」は、神様にお酒を捧げて、その後、参加者の身分の上の者から捧げたお酒を頂くという儀式です。
このように、礼儀を重んじる儀式であることから、「礼講」という名前で呼ばれていました。

礼講の後には、人間だけによるくだけた雰囲気の宴会が開かれたそうです。
つまりは、無礼講とは「礼講の後の、なごやかな雰囲気の宴会」という事が語源となっている言葉なのです。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.身分・地位を無視して行う宴会」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

「無礼講」は「無礼な行為を許す」という事ではないことがわかりましたね!
いくら身分は関係ないと言っても、楽しい宴会の席では、最低限のマナーと礼儀をもって楽しむようにしましょう!

まとめ

「無礼講」という言葉は、「無礼」という言葉から、「無礼をしても許される宴会」と勘違いされている。
しかし本来の意味は、「身分・地位を無視して、行う宴会」という意味である。
「無礼講」を単語で区切ると「無-礼講」となる。
語源は平安時代の神事である「礼講」からきている。
「礼講」は身分をはっきりとして、礼儀を重んじる儀式である。
そのため、「礼講」の後に行われるなごやかな宴会の事を「無礼講」と呼ぶようになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です