このエントリーをはてなブックマークに追加

レモンに含まれるビタミンC、実は結構少ないってホント?

レモンビタミンC
この雑学では、レモンに含まれるビタミンCの量と、なぜビタミンCがレモンの数を基準としているのかを解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ビタミンCの量を表す基準として「レモン○個分」と表記されるのはなぜ?
A.果物の中で1番ビタミンCが多いから
B.1日に必要なビタミンCを含んでいるから
C.ビタミンCが実は少ないが、大げさに宣伝するため
D.普段そのまま食べる機会がないから

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

レモンに含まれるビタミンC、実は結構少ないってホント?

レモンといえばビタミンC

レモンビタミンC少ない
皆さんはレモンに含まれる栄養素は何?と聞かれた場合、何を想像しますか?
おそらくは100%に近い人が「ビタミンC」と答えるのではないでしょうか!

スーパーやCMなどでビタミンCの量を説明する場合には「レモン○個分のビタミンC」なんてうたい文句がありますよね。
そのためか、レモンにはたくさんビタミンCが含まれていると思っている方が多いんです。

しかし、レモンに含まれているビタミンCって意外と少ないって知ってましたか?
実は、レモンを食べるぐらいなら、他の食材を食べた方がよっぽどビタミンCを摂取することができるのです。

スポンサーリンク

レモンに含まれるビタミンCの量

それでは、さっそくレモンに含まれているビタミンCの量について解説します。
レモン1個(100g)に含まれているビタミンCの量は「100mg」となります。

100mgと聞いても多いのか少ないのかわからないですよね?
成人に1日で必要とされているビタミンCの量は100mgと言われています。

ということは、レモン1個で全て補えることになりますよね!
しかし、実は皮など食べれない部分も含めて100mgとなるため、実際は1個食べたとしても「20mg」しか摂取できないのです。

人間が1日で必要なビタミンCを100mg摂取するためには、レモンを5個も食べないといけません。
毎日レモンを丸ごと5個食べる人なんていませんよね・・・

他の食材との比較

レモンビタミンC少ない
それでは、レモンを他の食材と比べた場合、どの程度の違いがあるのでしょうか?
他の食材も100gだと過程して、100gに含まれるビタミンCの量を算出します。

■果物
・いちご・・・62mg
・みかん・・・32mg
・アセロラ・・・1700mg
・キウイ・・・69mg
・グレープフルーツ・・・36mg

■野菜
・じゃがいも・・・35mg
・ほうれん草・・・35mg
・キャベツ・・・41mg
・ブロッコリー・・・54mg
・ピーマン・・・76mg

ビタミンCを含んでいる食材を例にあげましたが、他にもここには書ききれないほどの食材が存在します。
レモンに含まれるビタミンCは、他の食材に比べて決して多くない、むしろ少ないことがわかりますよね!

特にアセロラはビタミンCが豊富なため、7g食べれば一日に必要なビタミンCが摂取できることがわかります。

スポンサーリンク

なぜレモンを基準にするの?

レモンビタミンC少ない
それでは、決してビタミンCを多く含んでいるわけではないレモンが、なぜビタミンCの基準に使われているのでしょうか?
レモン100gに対してビタミンCが100mg含まれている事は説明しました。

そして、人間が1日に必要とするビタミンCは100mgとなります。
つまり、レモン1個分のビタミンCがちょうど1日に必要なビタミンCの量と同じになるため、レモンを基準としたのです!

計算しやすいという理由からレモンを基準に採用したため、それがそのまま「レモン=ビタミンC」のイメージとして定着したのでした。

レモンの酸っぱさの雑学

ビタミンCと聞くととても酸っぱいものをイメージしますが、レモンの酸っぱさはビタミンCとは関係ありません。
説明したとおり、レモンよりもビタミンCが多い食材がたくさんありますが、特に酸っぱいわけではないですよね?

ちなみに、レモンの酸っぱさの正体は「クエン酸」となります。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.1日に必要なビタミンCを含んでいるから」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

「レモン=ビタミンCが多い」というイメージが崩れてしまう、意外な雑学でした!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
「悪運が強い」の正しい意味って知ってますか?
ロダンの考える人は何を考えている?
あくびはなんでうつるのか?あくびの理由を徹底解明!

まとめ

レモンはビタミンCの多い食材だと思われているが、実は他の食材に比べても少ないといえる。
果物に限らず、野菜やその他食品でもレモン以上にビタミンCを含んでいる食材が多数存在する。
レモン1個に含まれるビタミンCの量と、1日に必要なビタミンCの量が「100mg」で一緒であることから、基準として使われるようになった。
しかし、実際にレモンを食べても「20mg」しかビタミンCを摂取できないため、レモンだけでビタミンCを補うのは現実的ではない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です