このエントリーをはてなブックマークに追加

焼き鳥は串から外す?実は外さない方が美味しいって知ってた!?

焼き鳥串から外す外さない
この雑学では、焼き鳥を串から外しさないで食べた方が美味しい理由について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

焼き鳥を串から外さない方が美味しい理由で間違えてるものは?
A.串穴から肉汁と旨みが漏れてしまう
B.一口目の方の味を濃くしている
C.一口目の肉のサイズを大きくしている
D.串の素材により肉の旨みを際立てている

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

焼き鳥は串から外す?実は外さない方が美味しいって知ってた!?

焼き鳥を串から外す人

焼き鳥串から外す外さない
ネットやテレビなどでたまに論争になっている話題に「焼き鳥を串から外す?外さない?」があります。
居酒屋に大人数で行った場合に焼き鳥を注文すると、シェアするために串から外したりしますよね!

その行為を見ると焼き鳥屋さんはとてもガッカリしてしまうそうです。
「そんなの客の勝手だろ!」と思うかもしれません。

しかし実は、焼き鳥屋さんはお客さんに焼き鳥を美味しく食べてもらうために様々な工夫をしているのです。
焼き鳥を串から外してしまうとその工夫が台無しになってしまうんですね!

店員さんから言わせれば「焼き鳥は串から外さない方が絶対に美味しい」そうです。

スポンサーリンク

焼き鳥を串から外さない方が美味しい理由

焼き鳥串から外す外さない
それでは、さっそく焼き鳥を串から外さない方が美味しい理由について解説していきます。
大きく分けると以下の3つの理由の分けられます。

肉の串穴から肉汁が漏れてしまう

焼き鳥を串から外してしまう事によりせっかく閉じ込めた肉汁が漏れ出てしまいます。
鶏の旨みが逃げてしまうため、かぶりついて食べた方が美味しいそうです。

餃子や小龍包、ハンバーグなども肉汁を閉じ込めて、いかに口の中で溢れだすか工夫していますよね?
焼き鳥も肉汁を閉じ込めて口の中で旨みが広がるように工夫して焼いているんです。

一口目の肉の味付けを濃くしている

焼き鳥を美味しく食べてもらうための工夫として、一口目の肉の味付けを濃くしている店もあるそうです。
お腹が空いている時にお肉にかぶりついた時、味が薄いよりも濃くしておいた方が食べ応えがありますよね!

また、味が薄すぎてもいけないですし、濃すぎてもよくないため、一口目だけ味を濃くしているそうです。
この工夫によって、焼き鳥1本を飽きずに美味しく食べる事ができます。

一口目の肉のサイズを大きくしている

一口目の肉の味付けを濃くするのは紹介しましたが、その理由と同じで一口目の肉をあえて大きくしているお店もあります。
これは先ほどとほぼ同じになりますが、一口目をより美味しくするための工夫といえます。

このように焼き鳥屋さんによっては、焼き鳥1本を美味しく食べてもらうために、様々な工夫をしています。
お店によっては串に肉を通す作業だけで2~3時間かけて刺しているそうです。

これは確かに焼き鳥屋さんの「肉を串から外さないでほしい」という言い分もわかる気がします。

飲み会などで・・・

焼き鳥串から外す外さない
特に女性の皆さんは飲み会などで気を利かせるために、焼き鳥を串から外してしまうかと思います。
たくさん食べられないのでみんなでシェアして食べたいという人もいます。

しかし、せっかくなら美味しく焼き鳥を食べたくないですか?
また、人前で焼き鳥にかぶりついて食べるのがみっともない、恥ずかしいという人もいます。

今回の雑学を話せば「美味しく食べられるなら・・・」と恥ずかしがらずに食べられるかもしれません。
それでも「食べ方は客の自由」という意見もごもっともなので、今後もこの論争は続きそうです。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.串の素材により肉の旨みを際立てている」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

串から肉をはずす場合は「はずして分けてもいいですか?」と最初に言う方がいいかもしれませんね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
【驚愕】麺類は音を立ててすする方が美味しくなる!?【ヌーハラ】
かき氷のシロップは全部同じ味!?違いはないの!?
ポテトチップスの歴史、誕生の意外なきっかけとは!?

まとめ

焼き鳥は串から外さない方が美味しく食べる事ができる。
串から肉を外してしまうと、穴から肉汁が漏れ出てしまうため、鶏の肉汁が逃げてしまう。
焼き鳥屋さんによっては、仕込みの段階で一口目の味を濃くしたり、肉のサイズを大きくするなどの工夫をしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です