このエントリーをはてなブックマークに追加

アドバンテージとはどういう意味?テニスなどスポーツで使われる言葉

アドバンテージ意味
この雑学では、テニスなどのスポーツで使われる「アドバンテージ」の意味についてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

アドバンテージとはどういう意味?
A.先制
B.助言
C.平均
D.有利

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

アドバンテージとはどういう意味?テニスなどスポーツで使われる言葉

よく聞くようになった「アドバンテージ」って何?

皆さんは普段からスポーツ観戦をしますか?
筆者は野球が大好きでシーズン中は毎日のように応援しています。

ここ1~2年では日本では一気にテニスがメジャーなスポーツになってきましたよね!
錦織くん効果でテニススクールに通う子供や大人も急増しているそうです。

今まではWOWWOWなどの有料放送でしか見られなかったテニスの試合も、NHKなどで放送されるようになりました。
そこで、テニスの試合を見ている時に「アドバンテージ」という言葉をよく聞きませんか?

普段からスポーツ観戦をされてる方には耳馴染みの言葉だと思いますが、最近になって見始めた方には馴染みの無い言葉かと思います。
今回はこの「アドバンテージ」の意味や語源由来についてもわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク



「アドバンテージ」という言葉の意味

それではさっそく「アドバンテージ」について解説していきます。
主にスポーツなどで使われているアドバンテージは以下のような意味であることがわかりました。

・有利・利点・優位・優勢・優越

意味がわかれば簡単ですよね!
また、テニスや卓球などでジュースになった場合、1点相手より先制している状態のことを「アドバンテージを得る」と言います。

ジュースはテニスでいうと40-40、卓球だと10-10という点数の状態となり、先に相手よりも2点多く取れば勝ちになるというルールです。
「アドバンテージ」と聞こえてきたら、「有利」もしくは「あと1ポイントで勝ち」と覚えておいてください!

スポーツ用語を知れば、よりスポーツ観戦が楽しくなりますよね!

「アドバンテージ」という言葉の語源由来

日本でのアドバンテージという言葉の意味について解説しました。
しかし、語源である英語の「advantage」は少し違ったニュアンスで使われていたそうです。

英語のアドバンテージは元々は「前進、進んだ」という意味で使われていました。
そこから相手より前進している、進んでいるという意味から転じて「有利」という意味で使われるようになりました。

スポーツ以外の日常会話でもたまに「アドバンテージを得た」という表現を耳にしますが、単純に「有利になった」と解釈して間違いないでしょう。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.有利」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

これでスポーツ観戦中に「アドバンテージ」という言葉が登場しても大丈夫ですよね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
オセロの開発者は日本人!?リバーシの違いとは!?
フィギュアスケートのジャンプの種類と違いを動画付きで解説!
傘は昔、雨具ではなかった!?

まとめ

日本のスポーツなどで使われているアドバンテージという言葉の意味は「有利・利点・優位・優勢・優越」である。
また、テニスや卓球で点数がジュースとなった場合に、相手より1点多くとっている状態を「アドバンテージ」と表現する。
英語ではもともと「前進、進んだ」という意味で使われていた。
相手よりも前進している、進んでいるという意味から転じて「有利」という意味で使われるようになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です