このエントリーをはてなブックマークに追加

ブービーの意味と語源由来を解説!誤用は最下位か下から二番目どっち?

ブービー意味語源由来最下位
この雑学では「ブービー」という言葉の意味や語源由来、最下位なのか二番目なのかどちらを意味するのかを解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ブービーとはどういう意味?
A.最下位から二番目
B.最下位
C.最下位から二番目もしくは最下位
D.最上位

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ブービーの意味と語源由来を解説!誤用は最下位か下から二番目どっち?

結構間違えて使われてるカタカナ語

皆さんは普段からカタカナ語を頻繁に使っているでしょうか?
世の中にはたくさんのカタカナ語が溢れていて、正直いうと意味が曖昧な状態で使っているカタカナ語も多いのではないでしょうか?

そんなカタカナ語の中でもそこそこ使う頻度の高い「ブービー」という言葉がありますよね。
レクリエーションなど集団で遊んだ時には「ブービー賞」なんかがあって、順位の低い人も楽しめるように景品が用意されたりもします。

しかし「ブービー」という言葉を「最下位」という意味で使っている人と「最下位から二番目」という意味で使っている人がいますよね。
実際にはどちらが正解なのでしょうか?

「ブービー」という言葉の意味

ブービー意味語源由来最下位
それではさっそく「ブービー」という言葉の意味について解説していきます。
「ブービー」の意味について調べていくと以下のような意味であることがわかりました。

・最下位から二番目であること

このように最下位ではないということがわかりますね。
ちなみに、最下位の人がいるからこそ最下位から二番目の人が賞を取ることが出来るため、最下位の人の事を「ブービーメーカー」とも呼びます。

たまに「ブービー」は最下位なのかそうじゃないのかで論争が起こったりしますが、最下位だと思っていた人は間違いだった・・・と、実はそういうわけでもないんです。
実は外国ではブービーは最下位という意味で使われる言葉であり、必ずしも最下位から二番目という意味が正解という訳ではないのです。

スポンサーリンク

「ブービー」という言葉の語源

続いて「ブービー」という言葉の語源について解説していきます。
「ブービー」は英語で「booby」と書き、元々は「馬鹿」「まぬけ」といった意味であるスペイン語の「bobo」が語源となっています。

英語で「ブービー」という言葉を使うとそれは「最下位」という意味になり、当然ですがブービー賞も最下位の人に贈られます。
それではなぜ日本では「最下位から二番目」という意味で使われるようになったと思いますか?

実は最下位をブービー賞にしてしまうと、わざと最下位を狙う人が出て着てしまってゲームやレクリエーションを阻害する可能性があるからだとされています。
そのため、日本では「最下位から二番目をブービー」として「最下位の人をブービーメーカー」とするようになったという説が有力です。

つまり、「ブービー」は日本語では一般的に「最下位から二番目」という意味で使われていますが、英語では「最下位」という意味になるので、どちらが正解でどちらが間違いということはありません。
以上がブービーという言葉の意味や語源由来についてでした、いかがでしたか?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C.最下位から二番目もしくは最下位」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
あなたは知ってる?「ビュッフェ」と「バイキング」の違いとは!?
【雑学】ポテトチップスの歴史、誕生の意外なきっかけとは!?
土用の丑の日にウナギを食べるようになった本当の理由

まとめ

ブービーは「最下位」や「最下位から二番目」というようにどちらの意味でも使われることがある。
日本語ではブービーは「最下位から二番目」という意味になり、英語でブービーは「最下位」という意味で使われる。
日本ではゲームなどでわざと最下位を狙うことを防ぐために、ブービーを「最下位から二番目」とした。
元々はスペイン語の「bobo」が語源となっていて、「まぬけ」「馬鹿」といった意味で使われる言葉だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連コンテンツ

注目記事

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です