このエントリーをはてなブックマークに追加

サンタクロースの由来や起源、靴下を飾る意味や煙突から入る理由は?

サンタクロース由来起源靴下意味
この雑学ではサンタクロースの由来や起源、靴下を飾る意味、煙突から入る理由について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

サンタクロースが煙突から入る由来はどれ?
A.当時は物騒で戸締りがしっかりしていたから
B.昔の煙突ははしごがついていたから
C.窓からだと不審者だと思われるから
D.煙突からお金を投げ入れていたから

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

サンタクロースの由来や起源、靴下を飾る意味や煙突から入る理由は?

クリスマスといえばサンタクロース

クリスマスはキリスト教のお祭りですが、日本人にとっても一大イベントとなっていますよね。
クリスマスを恋人や家族、友人などと一緒に楽しく過ごそうと計画を立てている人も多いのではないでしょうか?

クリスマスといえばプレゼントをあげるイベントでもあることから、恋人や子供にどのようなプレゼントを渡すのか考えるのも楽しいですよね。
そして、子供のころは本当にサンタクロースがいてプレゼントを夜に持ってきてくれるものだと信じていました。

しかし、そもそもなぜサンタクロースがプレゼントを配るという伝説が残っているのか由来を知らない人も多いですよね。
サンタクロースからプレゼントを貰えるようにツリーに靴下をぶら下げる風習もありますが、これは何が由来になっているのでしょうか?

サンタクロースの由来と起源とは?

サンタクロース由来起源靴下意味
それではさっそくサンタクロースの由来と起源について解説していきます。
サンタクロースはおとぎ話にだけ登場するのではなく、実は実在した人物がモデルとなっているって知っていましたか?

サンタクロースのモデルは「聖ニコラウス」という人物です。
「Saint Nicholas(聖ニコウラス)」と「Santa Claus(サンタクロース)」ってなんとなく発音が似ていますが、本当に「セイントニコラス」がなまって「サンタクロース」になったとされています。

聖ニコラウスは現在のトルコのミュラという街でキリスト教の司祭をしていました。
とても裕福な家庭に生まれたのにも関わらず、いつも困っている人や貧しい人に優しく手助けをする優しい人物だったとされています。

スポンサーリンク

靴下を飾る意味と煙突から入る由来

サンタクロースからのプレゼントを入れて貰うためにクリスマスツリーに靴下を飾る意味や由来についてです。
実はこの靴下にも意味が込められていて、とあるサンタクロースの心温まるエピソードが由来となっています。

聖ニコラウスの心優しい行動

聖ニコラウスがまだ司祭となる前のお話ですが、ニコラウスの住んでいる近所には3人の娘がいる家庭がありました。
その家庭が大変貧しかったことから、結婚を希望していた一番上の貧しかった娘が娼婦をしなければならない可能性もありました。

貧しい家庭と可哀そうな娘たちのことを知った聖ニコラウスは夜な夜なその家庭へとお金を寄付しに行きました。
その際に聖ニコラウスは金貨を煙突から投げ入れたのですが、それが偶然暖炉のそばに干してあった靴下に入りました。

その金貨のおかげで上の娘は娼婦をすることなく結婚するという願いを叶え、次女と三女の時にも同じようにお金を寄付してあげました。
両親はきっと誰かが寄付してくれてるのに違いないと考え、三女の時に隣人の若者である聖ニコラウスが寄付してくれてることを知って驚き感謝しました。

しかし、聖ニコラウスはこのことは他の人にはこの事は話さないでほしいとだけ伝えて、その場を去ったそうです。
この聖ニコラウスの心優しい行動から、サンタクロースのプレゼントは靴下に入れてもらうという風習が誕生したのでした。

ちなみに、サンタクロースが煙突から入ってくるというのも、聖ニコラウスが煙突から金貨を投げ入れたことに由来しています。

スポンサーリンク

サンタクロースの衣装が定着したのは最近

サンタクロースといえば特徴的な赤と白のデザインの衣装を着て白ひげをたくわえていますよね。
しかし、このサンタクロースのイメージが出来たのはつい最近になってからって知っていましたか?

サンタクロースのモデルとなった聖ニコラウスは4世紀頃の人物ですが、実はサンタクロースが現在の衣装となったのは1930年代のことです。
貧しい家庭に寄付を行う時に聖ニコラウスが頭巾とマントをしていたことから現在の姿になったのですが、赤白の衣装となったのはとある企業の宣伝のためです。

皆さんも一度は飲んだことがあるかと思いますが、あの赤白のデザインはコカ・コーラの赤白が由来となっているんですね。
コカ・コーラを普及する際にコカ・コーラを連想させる衣装を着たサンタクロースが世界的に広まっていき、現在のサンタクロースのイメージとして定着したのです。

以上がサンタクロースの由来や発祥、靴下をクリスマスツリーに飾る意味についてでした、いかがでしたか?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.煙突からお金を投げ入れていたから」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
メリークリスマスの意味や語源・由来!メリーとはどういう意味?
クリスマスリースの意味や由来とは?いつからいつまで飾るもの?
クリスマスイブのイブの意味や由来・語源とは?皆が勘違いの雑学!

まとめ

サンタクロースのモデルとなった人物は4世紀ごろに現在のトルコのミュラで司祭をしていた「聖ニコラウス」という人物である。
聖ニコラウスは心優しい人物であり、貧しい人や困った人を手助けしていた。
貧しい家庭を救うために頭巾とマントをかぶって煙突から金貨を投げ入れた際に、靴下に金貨が入ったことが由来でクリスマスツリーに靴下が飾られるようになった。
また、現在のサンタクロースの赤白の衣装についてはコカ・コーラの宣伝のイメージが定着したものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連コンテンツ

注目記事

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です