このエントリーをはてなブックマークに追加

センシティブの意味や使い方とは?ビジネスで使われる日本語。

センシティブ意味使い方
この雑学ではビジネスの現場などで使われている「センシティブ」という言葉の意味や使い方について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

センシティブとはどういう意味の言葉?
A.臆病なさま
B.革新的なさま
C.才能が感じられるさま
D.慎重を要するさま

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

センシティブの意味や使い方とは?ビジネスで使われる日本語。

難しいビジネス用語

センシティブ意味使い方
最近では難しいカタカナ語が日常的に登場するようになって、意味を覚えるのにも一苦労していませんか?
普段から日常的な会話であえて難しいカタカナ語は使いませんが、社会に出て働いていると、あえて難しいカタカナ語を使って格好をつけている人なんかがいますよね。

普通に日本語を使って話してくれた方がわかりやすい気がしますが、周囲の人がその言葉を使っていると自分もちゃんと意味を理解しておかなければいけないという気になります。
特に社会に出てからよく使われるカタカナ語に「センシティブ」というものがあります。

最近ではビジネスの場だけではなく、政治に関する討論番組であったり、ワイドショーなどテレビでも使われるようになりました。
今回はそんな「センシティブ」という言葉の意味や使い方を噛み砕いてわかりやすく解説しますので、最後まで読んでいってくださいね。

スポンサーリンク

センシティブの意味とは?

それではさっそく「センシティブ」という言葉の意味について解説していきます。
「センシティブ」という言葉について調べていくと、以下のような意味の言葉であることがわかります。

・微妙で慎重を要するようなさま
・感覚が敏感であり、感じやすいさま

以上のような意味であることから「センシティブな問題」というような使われ方をした時には「慎重を要する問題」ということがわかります。
職場ではお客様との大切な打ち合わせであったり、あまり触れられたくない問題などに対して「センシティブ」という言葉が使われがちです。

もともとは英語の「センス(sense)」が「センシティブ(sensitive)」と形容詞となったものです。
日本ではどちらかというと先ほど書いた「センシティブな問題」のように、「感覚」「才能」といった意味よりは「慎重」といった意味で使われている言葉です。

近いカタカナ語でいうと「デリケート」などが挙げられます。

センシティブの使い方とは?

センシティブ意味使い方
続いて「センシティブ」という言葉の使い方について解説します。
「センシティブ」は概ね以下のような使い方をされています。

・日米にとって米軍基地問題は非常にセンシティブな問題である
・お客様にとってセンシティブな話題なので、慎重に会議を進める。
・彼女は凄くセンシティブな性格をしているため、発言に気をつける。

これで急に「センシティブ」という言葉を使われても大丈夫ですよね!
以上が「センシティブ」という言葉の意味や使い方でした、いかがでしたか?

それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

スポンサーリンク

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.慎重を要するさま」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

注目記事

他にも、こんな雑学がお勧めです。
正露丸の意外な意味と語源とは?
【驚異】イカの心臓の数は3つ!?なんでそんなにあるの?
全く知られていないトランプのマークと絵柄の本当の意味

まとめ

センシティブとは「微妙で慎重を要するようなさま」といった意味で使われている言葉である。
英語の「センス(sense)」が「センシティブ(sensitive)」と形容詞となったものである。
もともとは「感覚」「才能」という意味をもつ言葉だが、日本では「慎重」という意味合いの強い言葉となっている。
近い言葉として「デリケート」という言葉がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です