このエントリーをはてなブックマークに追加

アライグマの洗う習性は飼育下だけ?なぜ洗う仕草をするのか。

アライグマ洗う習性飼育下
この雑学ではアライグマが飼育下で見せる洗う習性についてやなぜ洗う仕草をするのかについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

アライグマが水中に手を入れてバシャバシャする理由とは?
A.仲間を呼んでいる
B.餌となる魚をおびき寄せている
C.水中の餌を手探り探している
D.手を洗っている

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

アライグマの洗う習性は飼育下だけ?なぜ洗う仕草をするのか。

アライグマの可愛らしい習性

アライグマ洗う習性飼育下
動物園などでも見かけるアライグマですが、前足で餌を洗うような仕草が有名で本当に可愛らしいですよね。
動物園じゃなくても、日本でも自然が近い地域に住んでいると、ばったりアライグマに遭遇することもあるそうです。

ぜひとも野生のアライグマが餌などを洗っている姿を見てみたいものですが、実は絶対に見ることが出来ないんです。
それでは、実はアライグマが餌などを洗う習性や仕草をするのは、飼育下にいるアライグマだけだからなんですね。

アライグマという名前から野生にいるアライグマ例外なく餌を洗って食べる習性を持っていると思われがちのため、意外ですよね。
ちなみに、野生のアライグマについてはかなり獰猛で危険なため、うかつに近づいたり手を出したりしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

野生のアライグマは洗わない?

先ほど野生のアライグマは餌を洗うような仕草をしないと解説しましたが、似たような仕草をすることはあるそうです。
野生のアライグマは前足を水中に入れて餌を探し回りますが、この見た目が手を洗っているように見えることから「アライグマ」と命名されました。

実はアライグマという動物はそこまで視力の良い動物ではないため、餌を探す時も手探りで探しているんですね。
また、アライグマは基本的に水辺で餌を探す習性があり、水をバシャバシャさせることが遊びとして定着した説もあります。

アライグマが水をバシャバシャさせたりする習性については諸説あるようなので、本当のことはわかっていないのが現状のようです。

現在では「水中で餌を探すために前足を動かしている」という説が有力だとされています。

飼育下では野生を再現している

アライグマ洗う習性飼育下
飼育下のアライグマは餌を洗う仕草を見せますが、これは動物園の野生のアライグマを再現するための工夫のためなんです。
先ほど説明したように、アライグマは水辺で餌を探す習性持っています。

そのため、動物園のアライグマのエリアには野生のアライグマを再現するために水辺を作るようにしているんですね。
そして、水辺に餌を置いておくことによって、アライグマが餌を洗っているような仕草をお客さんに楽しんでもらうようにしているそうです。

もしも野生のアライグマを目撃して、そのアライグマが餌を洗っている場面を見かけたら、それはかなりのレアケースなのかもしれません。
以上がアライグマが飼育下で見せる洗う習性についてやなぜ洗う仕草をするのかについてでした、いかがでしたか?

スポンサーリンク

注目記事


それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C.水中の餌を手探り探している」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
相撲の土俵は、昔は四角形だった!?
日本最初のカレーの具材はアレだった
大学芋や大学ノートの「大学」ってどこの大学?

まとめ

アライグマといえば餌を洗うイメージがあるが、餌を洗って食べるのは飼育下のアライグマだけである。
野生のアライグマについても似たような仕草をするが、これは前足を使って水中の餌を探しているためであり、餌を洗っている訳ではない。
また、水辺でアライグマが餌を洗う習性があることから、水をバシャバシャさせて遊ぶという習性が後から定着したという説もある。
飼育下のアライグマが野生のアライグマを再現するために、動物園では水辺を用意していることが多い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です