このエントリーをはてなブックマークに追加

コンシューマーの意味や使い方についてわかりやすく解説。

コンシューマー意味使い方
この雑学では「コンシューマー」という言葉の意味や使い方などについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

コンシューマーとはどういう意味?
A.一部の消費者向け
B.一般消費者向け
C.企業向け
D.業務用

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

コンシューマーの意味や使い方についてわかりやすく解説。

難しいカタカナ語

コンシューマー意味使い方
世の中には難しいカタカナ語がたくさんあり、知らないうちに自分のわからない言葉が増えていく感覚がしませんか?
年配の方はもちろんのこと、ビジネスシーンでもカタカナ語が多用される時代のため、若者でさえカタカナ語を覚えるのに必死です。

そんな難しいカタカナ語の一つに「コンシューマー」という言葉がありますよね。
テレビなどでもたまに聞く「コンシューマー」という言葉ですが、意味や使い方がわからないという人も多いはず。

実はコンシューマーはビジネスとビデオゲーム業界では意味が少し異なってくる言葉なんですね。
今回はビジネスにおけるコンシューマーとビデオゲーム業界におけるコンシューマーの意味や使い方をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ビジネスにおけるコンシューマーの意味

それではさっそく「コンシューマー」という言葉の意味について解説していきます。
まずはビジネスにおけるコンシューマーという言葉の意味についてですが、辞書などを使って調べると以下のような意味であることがわかります。

・一般消費者向け

「コンシューマ」という言葉自体は元々は英単語の「consumer」からきています。
「consumer」には「消費者、需要者、購入者、民生用」などの意味があり、業務用や企業向けなどに対比して使われる言葉となります。

ビジネスシーンではターゲットとなる顧客のカテゴリを指す時に使われる言葉であり、類義語には個人向けという意味を持つ「パーソナル」という言葉や、家庭向けの意味を持つ「ホーム」という言葉があります。
コンシューマが一般消費者向けなのに対して、法人や事業者向けといった意味をもつ言葉には「ビジネス」「コーポレート」「エンタープライズ」といった言葉があります。

ビデオゲーム界のコンシューマーの意味

コンシューマー意味使い方
続いて、ビデオゲーム界で使われているコンシューマーの意味について解説していきます。
ビデオゲームにおいては、個人向けの家庭用ゲーム機や携帯ゲーム機、そしてそれに対応しているゲームソフトの事をコンシューマーと言います。

対比されて使われるのが、ゲームセンターなどの事業に設置することを想定して販売される「アーケードゲーム」という言葉ですね。
「アーケード」という言葉には「業務用」という意味があるので、個人向けの家庭用ゲーム機と対比されるのはわかりやすいですよね。

現在ではパソコン向けのゲームやスマートフォンで楽しめるゲームも増えてきたため、これもコンシューマーに含まれる傾向があるそうです。
以上が「コンシューマー」という言葉の意味や使い方などについてでした、いかがでしたか?

スポンサーリンク

注目記事


それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.一般消費者」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
すき焼きには卵をつける理由、実は味のためじゃないんです!
チョコレートを発見したのは意外な人物、日本で最初に食べたのは?
XO醤のXOの意味や語源由来とは?中華料理の定番調味料。

まとめ

コンシューマーという言葉には「一般消費者向け」という意味がある。
日本で使われているコンシューマーという言葉は元々は英単語の「consumer」からきており、消費者、需要者、購入者、民生用という意味がある。
主にターゲットとなる顧客のカテゴリを指す時に使われる言葉で、類義語には個人向けという意味の「パーソナル」、家庭向けの意味を持つ「ホーム」がある。
ビデオゲーム業界においては、個人向けの家庭用ゲーム機や携帯ゲーム機、対応しているゲームソフトのことを「コンシューマー」と呼んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です