このエントリーをはてなブックマークに追加

ティッシュをトイレに流してはいけない理由、紙なのになぜダメ?

ティッシュトイレ流してはいけない理由
この雑学ではティッシュをトイレに流してはいけない理由について解説します。

雑学クイズ問題

ティッシュをトイレに流してはいけない理由はどれ?
A.環境破壊につながるから
B.トイレが詰まってしまうから
C.雑菌が繁殖しやすくなるから
D.実は都市伝説で流しても良い

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ティッシュをトイレに流してはいけない理由、紙なのになぜダメ?

ティッシュはなぜ流してはいけない?

ティッシュトイレ流してはいけない理由
普段からトイレを使う時の注意点として「トイレにティッシュペーパーを流してはいけない」というのは良く聞きますよね。
実際に公衆トイレなどでも「ティッシュを流さないでください」という注意書きを見かけることがあります。

それではなぜティッシュをトイレに流してはいけないのかというと、理由は単純で「トイレが詰まってしまうから」なんですね。
ティッシュペーパーを流すと排水パイプ内に溜まってしまい、水が流れなくなってしまうのです。

トイレが詰まってしまうと汚水が溢れだしてしまう危険がありますし、賃貸の場合は他の住民に迷惑が掛かることもあります。
最悪の場合は修理代を支払ったり弁償をしなければならないケースもあるため、トイレにはティッシュは流さないようにしてください。


ティッシュを間違って流してしまった場合

しかし、どうしてもその場にティッシュしかなくてトイレに流してしまった経験がある人も多いはずです。
公衆トイレでティッシュを使った場合は、その後、自分が原因でトイレが詰まってしまってるのではと心配になりますよね。

確かにトイレにティッシュを流してはいけませんが、ティッシュを少し流した程度でトイレが詰まることはありません。
そもそもですが、トイレは排泄物が流れていくように設計されているため、ティッシュ数枚程度が流れないと話にならないですよね。

そのため、ティッシュも毎日のように使い続けたり、一気に数十枚使わない限りは詰まることはないのです。
基本的にはティッシュ以外の紙も流してはいけないので、トイレでは普段からトイレットペーパーを使うようにしましょう。

ティッシュとトイレットペーパーの違いとは?

ティッシュトイレ流してはいけない理由
それでは同じ紙なのにティッシュとトイレットペーパーでは何が違うのでしょうか。
ティッシュとトイレットペーパーの最大の違いは「水に溶けるのか溶けないのか」に関係しています。

トイレットペーパーは水に溶けやすい性質があるためトイレに流すことが出来ます。
しかし、ティッシュは水に溶けないことから、トイレを詰まらせる原因となってしまうのです。

トイレットペーパーが水に溶けやすいといっても、完全に溶けて無くなってしまう訳ではなく、水に浸すとグズグズになります。
そのため、トイレの水を流した際には水流で細かくされて、排泄パイプの奥まで流れるようになっているんですね。

以上がティッシュをトイレに流してはいけない理由についてでした、いかがでしたか?


注目記事


それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.トイレが詰まってしまうから」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
13日の金曜日が不吉とされる本当の由来とは!?
コンビーフの缶詰は、なぜあの形なの?
ヨッシーは愛称で本名ではない、フルネームは実はめちゃくちゃ長い!

[zatsugaku_ichibanshita]

まとめ

ティッシュペーパーはトイレを詰まらせる原因となるため、トイレに流してはいけない。
仮にトイレでティッシュを使ったとしても、数枚程度ではトイレが詰まることはない。
ティッシュとトイレットペーパーの違いは、水に溶けるか溶けないかである。
トイレットペーパーは水に溶けやすい性質があることから、同じ紙でもトイレに流した際に詰まることが少ない。

このエントリーをはてなブックマークに追加