このエントリーをはてなブックマークに追加

シュウマイにグリーンピースが乗せられている意外な理由とは?

シュウマイグリーンピース理由
この雑学では日本でシュウマイにグリーンピースが乗せられるようになった理由について解説します。

雑学クイズ問題

シュウマイにグリーンピースをのせるきっかけとなった食べ物はどれ?
A.冷や奴
B.ショートケーキ
C.ピザ
D.寿司

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

シュウマイにグリーンピースが乗せられている意外な理由とは?

本当に必要なのか

シュウマイグリーンピース理由
学校給食などを思い出してみると、シュウマイにグリーンピースが乗せられていませんでしたか?
中華料理の王道の食材ならばグリーンピースが使われていることも理解できますが、他の中華料理にはあまりグリーンピースは使われていないですよね。

そもそもですが、本場中国のシュウマイにはグリーンピースは乗せられていないのです。
そのため、シュウマイにグリーンピースをのせる食文化については、日本で独自に生み出されたものなんですね。

しかし、シュウマイとグリーンピースの相性はお世辞にも抜群とは言い難いものです。
シュウマイにグリーンピースは本当に必要なのか、そしてなぜシュウマイにグリーンピースをのせるようになったのでしょうか。


グリーンピースが乗せられている理由

シュウマイにグリーンピースが乗せられるようになった理由は諸説あるようです。
その中でも有力だとされている説について紹介していきます。

ショートケーキを参考にした

日本で洋菓子ブームが起こり、ショートケーキなどの洋菓子がとても人気になったことがありました。
そこで、ショートケーキのイチゴを参考にして、シュウマイにもグリーンピースをのせれば子供が喜ぶのではないかと考えたことから、グリーンピースをのせるようになったという説です。

中国の宝石を参考にした

シュウマイが日本に入ってきた時には、中国の宝石といえば緑色の輝くヒスイというイメージがありました。
そして、シュウマイだけでは彩りが悪く、宝石であるヒスイをイメージしたグリーンピースをのせれば、彩りもよく子供が喜ぶのではないかと考られたとされています。

蒸し加減の目安とするため

シュウマイは蒸し料理であり、蒸し加減によって肉に火が通らなかったり、肉が硬くなってしまうことがあります。
蒸し加減を確かめる目安としてグリーンピースをのせ、グリーンピースの皮にシワが入るまで蒸せばちょうどよい蒸し加減になると言われています。

数えやすくするため

シュウマイの色はほとんど灰色一色であることから、大量に作ろうとすると個数がとても数えづらいですよね。
そこでグリーンピースをのせることにより、大量に作った時にシュウマイの個数を数えやすくしようと考えられたそうです。

シュウマイ以外のケーキを参考にした食べ物

シュウマイグリーンピース理由
シュウマイのグリーンピースはショートケーキを参考にしたという説を先ほど紹介しましたね。
実は日本には他にもショートケーキを参考にした考案された食べ物があるのです。

それは、大福にイチゴをいれるという奇抜なアイディアから誕生した「いちご大福」です。
洋菓子ブームが日本に到来したころ、当然ですが大福などの昔ながらの和菓子の人気は低迷しました。

そこで、人気だったショートケーキにあやかって作られたのが「いちご大福」だったとされているんですね。
最初は敬遠されがちだったいちご大福ですが、現在では完全に大福の一種として認められていますよね。

以上がシュウマイにグリーンピースが乗せられるようになった理由についてでした、いかがでしたか?


注目記事


それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.ショートケーキ」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
台風、トルネード、サイクロン、タイフーン、ハリケーンの違いとは?
みかんの白い筋にも名前があり、とても栄養価が高い。
甲子園の土を最初に持ち帰ったのは誰?

[zatsugaku_ichibanshita]

まとめ

シュウマイにグリーンピースが乗せられるようになった理由は、以下のように諸説ある。
・ショートケーキを参考にした
・中国の宝石を参考にした
・蒸し加減の目安とするため
・数えやすくするため
また、シュウマイと同じようにショートケーキを参考にした食べ物として「いちご大福」が挙げられる。
洋菓子ブームにより人気が低迷した和菓子を食べてもらおうと、大福にいちごを入れたことがきっかけである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です