1月5日はシンデレラの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

シンデレラの日今日は何の日
1月5日の「今日は何の日?」は「シンデレラの日」です。
また「シンデレラの日」にちなんで「シンデレラの意味は灰かぶり」「シンデレラが履いていたのは実は毛皮の靴」などシンデレラにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月5日はシンデレラの日

今回は「シンデレラの日」について解説していきます!
なぜ1月5日が「シンデレラの日」なのかというと、1956(昭和31)年1月5日に女優・グレース・ケリーがモナコのレーニエ大公と婚約したことが由来となっています。

「シンデレラの日」という記念日ということから童話のシンデレラを想像された人も多いとは思いますが、ハリウッド女優とモナコの王子様が婚約をしたシンデレラストーリーにあやかって「シンデレラの日」になっているんですね。
お二人の出会いはカンヌ国際映画祭での対談がきっかけだったそうです。

ちなみに、あくまで婚約を発表したのが1月5日であって、結婚式を挙げたのは同年の4月18日に行われて、法的な結婚式についてはモナコ大公宮殿で行われました。
法的な結婚式が挙げられたのは翌年の4月19日のことであり、盛大な結婚式の様子はヨーロッパの国々で生中継が行われたそうです。

ハリウッド女優である「グレース・ケリー」についてですが、同じ時代に活躍をしていた「マリリン・モンロー」が明るく色っぽい女優であったのとは対照的に、落ち着きがあって気品に満ちた容姿から「クール・ビューティー」と世間からは賛美されていました。
その気品に満ちた容姿と立ち振る舞いから、まさに王族と結婚をするのにふさわしい人だったんでしょうね。

スポンサーリンク

シンデレラの雑学

今回は「シンデレラの日」にちなんで「シンデレラの雑学」を紹介します。

シンデレラの意味は灰かぶり

シンデレラといえば華やかなお姫様を想像する人も多いかと思います。
しかし、実は「シンデレラ」は直訳すると「灰かぶり」という意味になるそうなんです。

そもそもシンデレラの原題は「サンドリヨン」という名前になっていて、これを直訳すると「灰かぶり」になるわけですね。
なぜこのような原題にしたのかというと、シンデレラのストーリーの序盤でシンデレラがいじわるな義母や義妹にいじめられていたことが由来となっています。

シンデレラは使用人のように家事をやらせれてこき使われていましたが、冬になると暖炉のそばでいつも火を絶やさないようにしていたそうです。
火を起こすために常に暖炉のそばで作業をしていたことから灰をかぶってしまい、そのため「灰かぶり」という原題となったんですね。

シンデレラが履いていたのは実は毛皮の靴

シンデレラのストーリーに出てくる一番重要なアイテムといえば「ガラスの靴」ですよね。
しかし、実はシンデレラという童話は紀元前1世紀ごろから言い伝えられているものなので、エジプトのシンデレラはサンダルを履いていますし、中国のシンデレラは金の靴イタリアのシンデレラはコルクの靴を履いているなど国によって履いている靴が変わるのです。

日本に伝わったシンデレラは17世紀にフランスのシャルル・ペローが書いたシンデレラであって、フランスのシンデレラは皮の靴を履いていました。
しかし、このシンデレラの物語が出版される際に、フランス語でリスの毛皮という意味である「Vair」という単語が、ガラスの靴という意味の「Verre」にと誤植されてしまったとされています。

以上の事からシンデレラといえばガラスの靴となってしまったのでした。
以上がシンデレラの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月5日)
小寒
囲碁の日
シンデレラの日

■明日は何の日?(1月6日)
ケーキの日
色の日

■昨日は何の日?(1月4日)
大発会
石の日

スポンサーリンク

フォローする