1月7日は七草粥の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

七草粥の日今日は何の日
1月7日の「今日は何の日?」は「七草粥の日」です。
また「七草粥の日」にちなんで「秋にも七草がある」「春の七草のそれぞれの意味」など七草にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月7日は七草粥の日

今回は「七草粥の日」について解説していきます!
なぜ1月7日が「七草粥の日」なのかというと、この日は人日の節句とも呼ばれていて、朝に七草粥を食べることが由来となっています。

「七草粥」については最近はほとんど食べられることが無くなりましたが、春の七草や餅などを入れた塩味のお粥となります。
七草粥を食べることによってその年の無病息災を願うという意味があり、また、正月に食べた料理やお酒で弱った胃腸を休めるために食べるとも言われています。

七草粥を食べる風習はとても長く続いているそうで、平安時代には既に七草粥が食べられていたそうなんです。
七草については前日の夜のうちに用意しておいたものを使い、その七草はセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロとなっています。

1月7日付近にスーパーに買い物にいくと春の七草を売っているのを見かけますよね。
また、1月7日は「七草爪」とされていて、新年になってから初めて爪を切る日だとされています。

朝に七草を茹でた汁に爪を浸して柔らかくしてから爪を切る事によって、その年の間は風邪などをひかなくなると言い伝えられているのです。
最近では見かけなくなりましたが、七草粥は日本古来よりの伝統料理ですし、興味を持った人はレシピを調べてぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

七草の雑学

今回は「七草粥の日」にちなんで「七草の雑学」を紹介します。

秋にも七草がある

七草粥といえば春の七草を使って作られるものですが、実は秋にも七草があるって知っていましたか?
また、春の七草は食べて楽しむものとなっていますが、秋の七草は観て楽しむものとなっています。

秋の七草はハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウとなっていて、そこまで色鮮やかなものばかりではなく、どちらかというと落ち着いた見た目のものが多いです。
この秋の七草の由来は万葉集にも載せられている山上憶良の詩が由来だとされています。

・「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
・「萩が(の)花 尾花 葛花 瞿麦が(の)花 女郎花 また藤袴 朝貌が(の)花」

この2首の詩に登場する七種類の草がいわゆる秋の七草と呼ばれているものになります。

春の七草のそれぞれの意味

春の七草はセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロとなっていますが、それぞれにはちゃんと意味や効能があります。
セリについては「競り勝つ」という意味があり、胃腸の調子を整えて食欲を増進させる効果があります。

ナズナは「撫でて汚れを除く」という意味があり、利尿作用や解毒の作用があります。
ゴギョウには「仏体」という意味があり、のどの痛みを和らげるなど咳や痰に効果があります。

ハコベラは「反映がはびこる」という意味があり、胃炎などに効果があることから腹痛に利く薬となっています。
ホトケノザは「仏の安座」という意味があり、胃の調子を整えて食欲を増進する効果があります。

スズナは「神を呼ぶ鈴」という意味があり、胃腸の調子を整えて消化を助ける作用があります。
スズシロは「汚れのない清白」という意味があり、風邪予防に効果があります。

以上が七草の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月7日)
松納め
七草粥の日
爪切りの日

■明日は何の日?(1月8日)
イヤホンの日
勝負事の日

■昨日は何の日?(1月6日)
ケーキの日
色の日

スポンサーリンク

フォローする