1月11日は鏡開き、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

鏡開き今日は何の日
1月11日の「今日は何の日?」は「鏡開き」です。
また「鏡開き」にちなんで「鏡餅が丸い理由」「カビが生えた餅は食べても大丈夫」など餅にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月11日は鏡開き

今回は「鏡開き」について解説していきます!
「鏡開き」とは正月に年神様に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事となっています。

鏡餅を食べることは「歯固め」と呼ばれていて、その年の始まりに硬いものを食べて歯を丈夫にすることによって、年神様に長寿を祈る意味も込められています。
もともとは武家社会で行われていた風習だったものが、徐々に庶民にも根付いていき一般的な行事となりました。

鏡開きを行う時には餅を包丁で切らずに手や木槌を使って割ったり砕いたりして食べますよね。
これは、武家社会で行われていた風習の名残りであり、包丁などの刃物で餅を切ることは切腹を連想させるため、縁起が悪いとされて木槌などで砕くようになったとされています。

また、縁起の悪い「切る」という言葉を避けて、「開く」という言葉を使ってより縁起の良い言葉を使うようにしているそうです。
鏡餅を割った時の割れ方でその年の運気を占う地方もあって、鏡餅に割れ目がたくさんあればあるほどその年は豊作になると言い伝えられています。

一般的には鏡開きは1月11日に行われるものですが、地方によっては日付が違っていて、京都では1月4日に行う地域もあったり、他には1月20日に行う地方もあるそうです。
また、商売を行う家では1月11日は「蔵開き」とも呼ばれていて、新年で初めて蔵を開いて、商売繁盛を祈る日にもなっています。

スポンサーリンク

餅の雑学

今回は「鏡開き」にちなんで「餅の雑学」を紹介します。

鏡餅が丸い理由

鏡餅といえば丸くて平べったい形をしていて、四角形などの鏡餅などは見た事がないですよね。
鏡餅があのような丸くて平べったい形をしているのにもちゃんと由来があるそうです。

鏡餅が丸く作られるようになった理由は、昔は人の魂は心臓に宿るものと考えられていた事から、心臓を模して丸く作られるようになったとされています。
また、丸い形であることから、人間関係などが丸く円満になるように願いも込められているそうです。

そして、新年にはその年の年神様に人間関係や長寿を願うために鏡餅がお供えされるようになったのです。
また、鏡餅が二段になっているのにも意味があって、鏡餅を二段に重ねることによって人間の願いを「重ね重ねお願いする」という意味が込められているそうです。

カビが生えた餅は食べても大丈夫

正月に大量に買ったお餅や、鏡餅としてお供えしていた餅にカビが生えてしまうことってありますよね。
によってはカビの部分さえ切り取ったり削り取れば食べても大丈夫と考えていますよね。

しかし、餅に少しでもカビが生えてしまったらその餅は食べてはいけないんです。
一見すると表面だけにカビが生えているように見えますが、餅の内部にもカビの根っこである「菌糸」が根ざしてる可能性が高いからなんです。

カビにもいろいろな種類がありますので、火を通しても確実に安全に食べられるというわけではないため、カビが生えてしまった場合には諦めて捨てるようにしてください。
以上が餅の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月11日)
鏡開き
塩の日

■明日は何の日?(1月12日)
スキーの日

■昨日は何の日?(1月10日)
明太子の日
110番の日

スポンサーリンク

フォローする