1月11日は塩の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

塩の日今日は何の日
1月11日の「今日は何の日?」は「塩の日」です。
また「塩の日」にちなんで「相撲で塩をまく理由」「ごま塩の塩が大きい理由」など塩にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月11日は塩の日

今回は「塩の日」について解説していきます!
1月11日がなぜ「塩の日」なのかというと、1569(永禄11)年1月11日に武田信玄と交戦中の上杉謙信が武田方の領民に塩を送ったことが由来となっています。

現代では塩なんて送られても困ってしまいますが、当時は塩はとても貴重なものでした。
当時は冷蔵庫が存在していなかったため、塩がなければ食料を保存する事が出来ずに、食糧はほとんど腐って食べられなくなってしまうのです。

そこで、上杉謙信は武田方の領民が今川氏によって塩を絶たれていることことを知って塩を送ってあげたんですね。
これが現在でも使われている「敵に塩を送る」の元ネタとなったお話です。

なぜ今川氏は武田領への塩を止めたのか

そもそもなぜ今川氏が武田信玄の領地への塩を絶ってしまったのかというと、織田信長が今川義元を破った桶狭間の戦いが原因でした。
その後、今川家の家督を今川氏真が相続しましたが、今川家はどんどん衰退していきました。

その様子を見た武田信玄は武田と北条と今川による「甲相駿三国同盟」を一方的に破棄し、今川領である駿河を攻め込んで占領したのです。
この武田信玄の行いに怒った今川氏真は「塩止め」を実施して武田信玄を苦しめようとしたんですね。

武田の領地の塩は駿河湾から輸入をしていたのですが、今川氏真が駿河湾の塩を武田領の人間へと売らないように塩商人に指示を出し、徹底的に武田信玄やその領民を追い込んだのです。
「敵に塩を送る」は上杉謙信の美談として語り継がれていますが、そもそも武田信玄が塩不足に陥ったのは自業自得だったというわけですね。

スポンサーリンク

塩の雑学

今回は「塩の日」にちなんで「塩の雑学」を紹介します。

相撲で塩をまく理由

テレビで相撲を見ていると、力士が相撲を取る前に土俵へ思いっきり塩をまいていますよね。
なぜ相撲では土俵に塩をまくのか不思議に思ったことはありませんか?

相撲の原型となる競技は日本書記や古事記にも登場するそうで、その頃は足技があったりするなど現在の相撲とは異なる競技だったそうです。
やがて、奈良時代や平安時代のころになると、神社のお祭りの中の神事として相撲が行われるようになり、どちらの力士が勝ったかによって豊穣や豊漁を占うようになりました。

そして、土俵はこのような神事を行う神聖な場所であったことから、土俵を清めるために塩をまくようになったとされています。
現在では力士が怪我をした時の殺菌作用も兼ねて塩をまいているとも言われています。

ごま塩の塩が大きい理由

ご飯にかけて手軽に食べられる「ごま塩」がありますよね。
実はごま塩に入っている塩は普通の塩よりも粒が大きいって知っていましたか?

なぜごま塩の塩の粒を大きくしているのかというと、ごまと塩が分離してどちらか一方に偏る事を防ぐためなんです。
通常は粒が大きいと粒が小さいものを混ぜた場合には、だんだんと大きい粒のものが上の方へと寄っていき、小さいものは下の方へと沈んでいきます。

この中身が偏ってしまう現象を「偏析(へんせき)」というのですが、この偏析を防ぐために意図的に塩の粒を大きく作っているのでした。
以上が塩の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月11日)
鏡開き
塩の日

■明日は何の日?(1月12日)
スキーの日

■昨日は何の日?(1月10日)
明太子の日
110番の日

スポンサーリンク

フォローする