1月16日は禁酒の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

禁酒の日今日は何の日
1月16日の「今日は何の日?」は「禁酒の日」です。
また「禁酒の日」にちなんで「乾杯は毒見をするためにされていた」「ビールだけで7年間生きた男がいる」などお酒にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月16日は禁酒の日

今回は「禁酒の日」について解説していきます!
なぜ1月16日が「禁酒の日」なのかというと、1920(大正9)年1月16日にアメリカで禁酒法が実施されたことが由来となっています。

当時、清教徒(ピューリタン)の影響が強かったアメリカではアルコールに対する強い批判がありました、
そして、20世紀初頭まで間に18の州で禁酒法が実施されていたのですが、これが全国に及ぶこととなりました。

しかし、飲料用アルコールの製造・販売等が禁止されたことによって、密造酒による健康問題や、アル・カポネを始めとする密売にかかわるギャングの出現等逆効果を招いてしまうしまう結果となりました。
その後、1933(昭和8)年2月には禁酒法は廃止されることとなりました。

なんでもそうですが、お酒についてもやはりダメと言われると逆に飲みたくなってしまうものなんですね。
禁煙や禁酒に挑戦する人は多いですが、やめようやめようと考えれば考えるほど辛くなってしまって、また酒やたばこに手を出してしまうという人が多いですよね。

お酒に関しては飲みすぎるのは良くないですが、節度を守って飲めば健康的に問題ないと言われていますし、逆にワインなどはポリフェノールが豊富に含まれている事から適量であれば健康に良いとも言われています。
お酒は飲みすぎないように適度に楽しみたいものですね。

スポンサーリンク

お酒の雑学

今回は「禁酒の日」にちなんで「お酒の雑学」を紹介します。

乾杯は毒見をするためにされていた

宴会などでお酒を飲む場合は当然ですが「乾杯」の音頭を待ってから飲みますよね。
しかし、現在では宴会の開始を告げるための「乾杯」が昔はお酒に毒が入っていないことを確認するために行っていたものだって知っていましたか?

乾杯することによってどうやって毒が入っていないかを確かめたのかというと、グラスをぶつけることによって、お互いのグラスの中のお酒を相手のグラスの中へと入れていたのです。
グラスをぶつけて飛び散った自分のお酒が相手のグラスに入っても相手が平気で飲めているのなら、自分のグラスにも毒がもられていないことがわかりますよね。

毒が入っていないことを証明するために、乾杯を合図にして全員が飲みほすための合図にも使われていたそうです。
また、音を立てる事によってお酒に宿っている悪魔を追い払っていたという説も残っています。

ビールだけで7年間生きた男がいる

適度にお酒を飲むことは健康にも良いとされていますが、過去にはなんとビールだけで7年間も生き延びた男がいるのです。
1934年3月9日に青森県水上署で逮捕された男の話ですが、なんとこの男は朝ごはんにビールを要求しました。

なぜビールを要求したのかというと、なんとこの男は過去7年間の間にビール以外の物を一切口にしていなかったからなんです。
この男は7年前に医者にかかったところ、胃腸カタルだと診断を受けてもう助からないとされていました。

どうせ死んでしまうなら好きなだけビールをしようとやけ酒をして、その暮らしを7年間も続けたのですが、逆に胃腸の調子は良くなったそうです。
どんどん胃腸の調子が良くなっていったことから、ご飯なども一切食べずにひたすらビールを飲み続けてきたんですね。

以上がお酒の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月16日)
禁酒の日

■明日は何の日?(1月17日)
おむすびの日

■昨日は何の日?(1月15日)
小正月
いちごの日
ウィキペディアの日

スポンサーリンク

フォローする