1月18日は118番の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

118番の日今日は何の日
1月18日の「今日は何の日?」は「118番の日」です。
また「118番の日」にちなんで「海が青色をしている理由」「水平線までの距離はどれぐらい?」など海にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月18日は118番の日

今回は「118番の日」について解説していきます!
なぜ1月18日が「118番の日」なのかというと、1月18日の「1」と「18」の数字の並びが、海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」と同じであることが由来となっています。

「118番の日」については海上保安庁によって2011(平成23)年から実施されている記念日となります。
海上保安庁によるとこの日を「海での事件や事故の重要性を理解してもらい、海の安全確保に役立てる」ということを目的とした記念日としています。

この日には海上保安庁への緊急通報用電話「118番」を広く知ってもらうための活動などが行われているそうです。
「110番」や「119番」に比べると海難事故などの方がはるかに発生する確率が低いことから、世間ではあまり「118番」という番号が認知されていないですよね。

「118番」という番号が使えるようになったのは2000年5月のことだったのですが、2017年までには既に1000万を超える通報があったそうです。
この数値から見るとかなり「118番」は利用されているように思われるかもしれませんが、そのうちの99%は間違い電話であったりいたずら電話となっています。

いたずら電話はもちろんいけないことですが、「118番」と「119番」は番号が似ている事からボタンの押し間違いなどをしてしまっている可能性が高いですよね。

スポンサーリンク

海の雑学

今回は「118番の日」にちなんで「海の雑学」を紹介します。

海が青色をしている理由

海の色は何色?と聞かれれば「青色」を想像する人がほとんどなのではないでしょうか。
しかし、実際に海水を手ですくってみたりペットボトルに入れて見てみると青色はしておらず、普通の水と同じで無色透明になっていますよね。

それではどうして海は青色に見えているのでしょうか。
実は海の色が青色に見えているのには光の波長の長さが関係しているんです。

海に太陽の光が差し込むと、その光はだんだんと海に吸収されていって、深海には光が差し込まなくなりますよね。
実は海に光が吸収される際には、波長の長い光から順番に吸収されていき、一番波長の長い赤い光はすぐに吸収されて無くなってしまうのですが、波長の短い青い光はあまり変化がないのです。

そのため、吸収されずに海に差し込んだ青い光が、海の中にある様々なプランクトンなどの物質に反射することによって、海が青色に見えているのでした。

水平線までの距離はどれぐらい?

海を眺めてボーっとしていると、水平線が遙か彼方に見えていて、水平線までかなり距離があるように見えますよね。
それでは実際に水平線までの距離はどれぐらいになるのでしょうか。

水平線までの距離は実は三平方の定理で求めることが出来て、水平線を観測している人が水面の上に立って観測しているとすると、水平線までの距離は約4.5kmとなります。
4.5kmは徒歩でも移動できない事はないですし、車だと数分で辿りつける距離ですよね。

遙か彼方に見えている水平線も実は計算してみると意外と近くにあるのでした。
以上が海の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月18日)
都バス記念日
118番の日

■明日は何の日?(1月19日)
のど自慢の日
空気清浄機の日

■昨日は何の日?(1月17日)
おむすびの日

スポンサーリンク

フォローする