1月19日はのど自慢の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

のど自慢の日今日は何の日
1月19日の「今日は何の日?」は「のど自慢の日」です。
また「のど自慢の日」にちなんで「のど自慢で鐘を鳴らすようになった理由」「のど自慢出演者の選考方法」などのど自慢にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月19日はのど自慢の日

今回は「のど自慢の日」について解説していきます!
なぜ1月19日が「のど自慢の日」なのかというと、1946(昭和21)年1月19日にNHKラジオで「のど自慢素人音楽会」が開始されたことが由来となっています。

日本で初めてのテレビ放送は1953年2月1日からNHKが始めたものだったため、のど自慢が始まったころにはテレビ放送が無く、ラジオ放送でのど自慢が開催されていたんですね。
のど自慢のモットーは「明るく楽しく元気よく」だったそうで、現在でものど自慢に参加される方は舞台の上で明るく元気に歌っていますよね。

翌年には「のど自慢素人音楽会」から「のど自慢素人演芸会」に改称され、このタイトルのまま1970年まで放送されました。
長年にわたって放送が続けられているのど自慢ですが、1960年代後半には番組の人気がかなり下降していて、色々な策が講じられましたがどれも失敗してしまいました。

人気回復のためにも1970年の4月からは現在のタイトルである「NHKのど自慢」に改称され、バックバンドの演奏もピアノとアコーディオンが交互に演奏を行うものから、5人組のバンド体制(ピアノ、ギター、ベース、ドラムス、シンセサイザー)に変更されました。
そして、金子辰雄が司会に就任してからは徐々に番組の人気を取り戻していきました。

スポンサーリンク

のど自慢の雑学

今回は「のど自慢の日」にちなんで「のど自慢の雑学」を紹介します。

のど自慢で鐘を鳴らすようになった理由

のど自慢の演出として有名な「カーン!」というカネの音ですが、実は最初はあのカネの音は使われていなかったって知っていましたか?
あのカネの音が使われるようになったのはのど自慢の放送が開始されてから半年後のことだったそうです。

それまでは司会進行の人が歌っている人に対して「もう結構です」と伝えていたのですが、これを「けっこうな歌」、つまり「お上手ですね」と勘違いする人が出てきてしまったそうなんです。
そこで「不合格」であることを伝えるための手段として、あの「チューブベル」という楽器が使われるようになったのです。

不合格者が出た時のあの「カーン!」という音がとてもシュールな感じがしてとても面白いですよね。

のど自慢出演者の選考方法

のど自慢に興味が出てきてのど自慢に出たいという人もおそらくいますよね。
実はのど自慢は各市町村が自分の市町村でのど自慢を開催したいという申請をNHKへ出すところから始まります。

のど自慢を開催する市町村が決定したら、のど自慢が開催される大体2ケ月前ぐらいから出場者や閲覧者の募集が始まります。
市町村によって応募数はばらばらでとなっていますが、抽選が当たるのはどの市町村でも250組となっています。

そこから予選で実際に歌を数十秒だけ歌う審査が行われて、その審査に合格をした20組だけがテレビののど自慢に出場することが出来るのでした。
以上がのど自慢の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月19日)
のど自慢の日
空気清浄機の日

■明日は何の日?(1月20日)
大寒
玉の輿の日
二十日正月

■昨日は何の日?(1月18日)
都バス記念日
118番の日

スポンサーリンク

フォローする