1月25日は中華まんの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

中華まんの日今日は何の日
1月25日の「今日は何の日?」は「中華まんの日」です。
また「中華まんの日」にちなんで「肉まんと豚まんの違い」「肉まんは地方によって調味料をつける」など中華まんにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月25日は中華まんの日

今回は「中華まんの日」について解説していきます!
なぜ1月25日が「中華まんの日」なのかというと、1902年1月25日に北海道の旭川市で日本の観測史上最低気温であるマイナス41度を記録したことが由来となっています。

なぜ最低気温を記録したことと中華まんが関係しているのかというと、寒い日には温かい中華まんを食べることで温まってもらおうと考えた結果、1月25日に「中華まんの日」が制定されることになりました。
現在はコンビニなどで手軽に中華まんが食べられるようになりましたよね。

冬場になると身体が冷えてしまう事から、コンビニでは中華まんやおでんといった温かい食べ物の売れ行きが好調になるそうです。
実は中華まんが日本に伝わったのは意外と最近のことであり、1925年のことだったそうです。

和菓子や洋菓子、またはパンなどの食品を販売していた「中村屋」の創業者である夫婦が中国を訪れた時に「包子(パオズ)」と出会い、それを日本に持ち帰ったことが始まりだとされています。
もともとは中国人向けで油っぽく濃い味付けになっていましたが、日本人好みの味へと改良が続けられた結果、現在の「肉まん」が完成したそうです。

改良を経て実際に販売が始まったのは1927年のことだったそうで、これをきっかけにして中華まんは全国へと普及していったそうです。

スポンサーリンク

中華まんの雑学

今回は「中華まんの日」にちなんで「中華まんの雑学」を紹介します。

肉まんと豚まんの違い

皆さんの住んでいる地域では豚肉の入っているオーソドックスな中華まんのことを「肉まん」と呼びますか?
それとも「豚まん」と呼んでいるでしょうか?

実は全国的には肉まんと呼ぶのが普通なのですが、関西などの一部の地域のことは豚まんと呼んでいるそうです。
なぜわざわざ肉まんの事を豚まんと呼ぶのかというと、関西では「肉」という言葉は「牛肉」を連想させるそうなので、「肉まん」と表記してしまうと中の具材に牛肉が使われていると誤解与える可能性があるからなんです。

なんと関西では地域によってカレーや肉じゃがにも牛肉が使われる事が多く、普段の食生活にいかに牛肉が密接に関係しているかがわかりますよね。

肉まんは地方によって調味料をつける

皆さんは肉まんに調味料を付けて食べますか?
全国的に見ても肉まんに調味料を使わない地域がほとんどのため、肉まんに調味料をつける地域があるのには驚く人もいるのではないでしょうか?

肉まんに使われる調味料としてはからしが多いそうですが、これは関西から中国地方にかけて使われているそうです。
九州では酢醤油が使われる事が多く、それ以外にもからしと醤油を混ぜて使ったり、ソースを使ったりと全国的に様々な調味料がつけられて食べられていることがわかります。

普段から肉まんを食べる時に調味料をつけないという人も、是非とも色々な調味料をつけて食べてみてくださいね。
以上が中華まんの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月25日)
中華まんの日
ホットケーキの日

■明日は何の日?(1月26日)
文化財防火デー
コラーゲンの日

■昨日は何の日?(1月24日)
ボーイスカウト創立記念日
ゴールドラッシュデー

スポンサーリンク

フォローする