1月29日は昭和基地開設記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

昭和基地開設記念日
1月29日の「今日は何の日?」は「昭和基地開設記念日」です。
また「昭和基地開設記念日」にちなんで「南極はどこの国でもない」「南極の未確認生命体!?」など南極にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月29日は昭和基地開設記念日

今回は「昭和基地開設記念日」について解説していきます!
その名の通り、1957年の1月29日に昭和基地が開設された事を記念して制定されました。

昭和基地とは南極大陸を調査・観測するための施設であり、現在に至るまで世界各国が協力して調査を行っています。
当時は人間の手はほとんど入っておらず、人間にとっては未開の地でした。

初めて南極に基地を作る事によって本格的な調査や観測が可能となり、当時の人々の関心を大きく惹いたことは間違いないでしょう!
そこにどんな不思議や知らない事が隠されているのかと思うとワクワクしてしまいますよね!

しかし、最初に基地が開設された時はプレハブ式の建物が4つしかなく、とても過酷な環境でした。
当時はスマートフォンなんて当然ありませんし、家族といつでも通信できるわけではありませんでしたし、過酷な環境で日々南極の観測を続けるのは孤独との戦いでもあったでしょう。

それでも頑張れたのは南極調査に対する熱意があったからなのかもしれませんね!
ちなみに、南極大陸は陸続きになっているわけではありません。

昭和基地の所在地は南極の東オングル島にあります。
しかも日本国内扱いとされており、はがきを50円で出すことが出来るそうですよ!

スポンサーリンク

南極の雑学

今回は「昭和基地開設記念日」にちなんで「南極の雑学」を紹介します。

南極はどこの国でもない

日本なども含めて世界にはたくさんの国がありますが、実は南極はどこの国にも属しておらず、誰のものでもありません。
そもそも人間が住める環境ではありませんが、今後貴重な資源が見つかった場合は、どこかの国が自国の領土だと主張を始めたり、新たな戦争の火種となってしまうのでしょうか・・・

南極には氷の無い場所もある

南極といえば極寒の地であって大陸の全てが氷に覆われているイメージですよね!
しかし実は南極には氷の無い場所があります。

その場所は「ドライバレー」と呼ばれています。
氷が出来る条件としては当然水分が無くてはなりません。

水分が南極の厳しい寒さによって凍るわけですが、このドライバレーには水分が少なく大地が凍っていないそうです。
また「ドンファン池」と呼ばれている凍らない池も存在します。

なぜ池なのに凍らないのか?
それには水の塩分濃度に関係があります。

実はドンファン池には、海水と比べて約6倍もの塩分が含まれているため、南極の厳しい寒さでも凍る事はありません。

南極の未確認生命体!?

実は南極の周辺の海域では「ニンゲン」「ヒトガタ」と呼ばれる未確認生命体が目撃されています。
しかも全長は20~30メートルもある巨大な生物であり、白く大きな人の形をしているそうです。

水中から突然現れるそうですが、意思疎通を図ることが出来て、なんと話しかけると鳴き声を返してくるようです。
しかし、この話の信憑性は低く、伝説の存在のようなものなのであまり信じない方が良いでしょう。

以上が南極の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月29日)
昭和基地開設記念日
タウン情報の日

■明日は何の日?(1月30日)
3分間電話の日
殉教者の日

■昨日は何の日?(1月28日)
コピーライターの日
衣類乾燥機の日

スポンサーリンク

フォローする