1月30日は3分間電話の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日】

公衆電話今日は何の日
1月30日の「今日は何の日?」は「3分間電話の日」です。
また「3分間電話の日」にちなんで「なぜ「もしもし」なの?」「電話の#はシャープじゃない」など電話にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月30日は3分間電話の日

今回は「3分間電話の日」について解説していきます!
一見すると「3分間電話の日ってなんだ?」ってなりますよね!

1月30日が「3分間電話の日」となった由来は、この日を境にして公衆電話による市内通話料金が3分で10円になった事にあります。
今は当たり前のように3分で10円という認識ですが、昔は10円さえ支払ってしまえば市内の通話はかけ放題だったんですね!

この3分10円という試みは1970年(昭和45年)から順次開始されていき、東京中心部から始まった後、全国的に広まっていくこととなりました。
10円でかけ放題って夢のような話ですよね・・・

公衆電話を10円で使い放題ということはどういう事態が起こると思いますか?
皆さんもお察しの通りかと思いますが、当然少しでも得をするために長電話をする人が出てきます。

緊急で電話をかけたい場合もあるのに、つまらない長話などで長く居座られてしまうととても迷惑ですよね!
このことから、公衆電話の長電話を防止するという狙いもあって、3分間10円となったわけです。

そもそもちょっとした要件を伝えるだけであれば3分もあれば充分ですよね。
また、スマートフォンなどを筆頭に携帯端末が主流となっている日本では、公衆電話という存在自体をほとんど見かけなくなりました。

そのうち公衆電話が完全に撤廃される時代がくるのでしょうか?

スポンサーリンク

電話の雑学

今回は「3分間電話の日」にちなんだ「電話の雑学」を紹介します。

なぜ「もしもし」なの?

皆さんは電話応対の際、最初に何という言葉を使いますか?
おそらくは「もしもし」という言葉を使いますよね!

何気なく使っている「もしもし」という言葉ですが、どうして「もしもし」なのかをご存じですか?
この「もしもし」の語源は「申します、申します」だとされています。

昔の電話はとても聞き取りづらかったため、これから何かを話しますという意味で「申します、申します」と言っていました。
この「申します、申します」が「申す、申す」となり、最終的には「もしもし」となったのです。

しかし、具体的にいつからもしもしという言葉があったのかは定かではありません。

電話の#はシャープじゃない

皆さんがお持ちの電話にも必ずついている「#」というマーク。
このマークの読み方を聞くと、ほとんどの人が「シャープ」と答えます。

確かに音楽記号のシャープにそっくりですが、実は違います。
#は「いげた」または「スクエア」と読みます。

「#(いげた)」と「♯(シャープ)」を並べてみると、横線が真っすぐなのと斜め線なのとで違いがはっきりとわかります。
さっそく「いげた」で変換して試してみてください!

以上が電話の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月30日)
3分間電話の日

■昨日は何の日?(1月29日)
昭和基地開設記念日
タウン情報の日

■明日は何の日?(1月31日)
生命保険の日
愛妻の日

スポンサーリンク

フォローする