殉教者の日の由来と面白い雑学、1月30日の今日は何の日?

殉教者の日今日は何の日
1月30日の「今日は何の日?」は「殉教者の日」です。
また「殉教者の日」にちなんで「実際にはガンジーが言っていない名言」「暴行罪と傷害罪の違いとは?」などガンジーにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

1月30日は殉教者の日

今回は「殉教者の日」について解説していきます!
なぜ1月30日が「殉教者の日」なのかというと、1948年1月30日にマハトマ・ガンジーが暗殺されたことが由来となっています。

マハトマ・ガンジーといえばインド独立の父として知られていて、実は「マハートマー」という言葉にも「偉大なる魂」という意味が込められています。
インドでは親しみを込めて、「父親」という意味である「バープー」と呼ばれることもあるそうです。

ガンジーが暗殺された当時はインドとパキスタンの分離独立による影響で宗教暴動が絶えませんでした。
ガンジーは何度も断食をすることによって、この暴動を防ごうと尽力しましたが、ヒンドゥー原理主義者からは「ムスリムに対して譲歩しすぎている」と敵対視されることとなりました。

最終的にはヒンドゥー原理主義集団によって襲撃を受け、拳銃を3発撃ちこまれて暗殺される結果を招いてしまいました。
ガンジーは自分を暗殺したヒンドゥー原理主義集団に対して、ムスリムの教えで「あなたを許す」という意味の額に手を当てる動作をして、最期には「おお、神よ」とつぶやいて最期を遂げたそうです。


ガンジーの雑学

今回は「殉教者の日」にちなんで「実際にはガンジーが言っていない名言」「暴行罪と傷害罪の違いとは?」などガンジーにまつわる面白い雑学を紹介します。

実際にはガンジーが言っていない名言

ガンジーは偉大な人物であり、この世を去る前に様々な教えや名言を残していますよね。
しかし、実はその名言とされているものの中には、実際には言っていない名言や意味を誤解された名言などがあるんです。

例えば「世界を変えたいなら、まずは自分が変わりなさい。」という名言ですが、「世界を変えるようなことをするためには、自分が変わらなければならない。」といった解釈をされることが多いですよね。
しかし、実際には「自分の見ている世界は自分の写し鏡のようなもので、自分が変われば世界も変わったものに見える。」というのが本来の名言の趣旨なんです。

他にも「目には目をというやり方では、世界中の目が潰れてしまう。」などの名言も有名ですが、実際にはガンジーがこの発言をした根拠はどこにも残っていないそうです。
いつの時代でも本来の趣旨とは違う解釈から誤解を招いたり、いろいろな噂が実話のように語り継がれてしまうことはありますよね。

暴行罪と傷害罪の違いとは?

普段からニュースや新聞などを見ていると、暴力などの犯罪が行われて逮捕者が出るなど物騒な報道がありますよね。
逮捕者には「暴行罪」や「傷害罪」といった罪が適用されることがあり、どちらも暴力をふるっていますが違いはあるのでしょうか?

実は「暴行罪」と「傷害罪」には相手が怪我を負ったかどうかで判断されます。
被害者に暴力をふるって怪我が無かった場合には「暴行罪」、暴力をふるった上でさらに怪我を負わせた場合には「傷害罪」が適用されます。

怪我の有無に関しては医師による診断書が必要となり、怪我の原因が加害者によるものだと証明できない場合には「暴行罪」が適用されるケースもあるそうです。
あまりそのような事件には巻き込まれたくないですが、自分が被害者になることを想定して、頭の片隅にでも入れて覚えておいてください。

以上がガンジーや暴力に関する雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


■今日は何の日?(1月30日)
3分間電話の日
殉教者の日
みその日
EPAの日

■昨日は何の日?(1月29日)
昭和基地開設記念日
タウン情報の日
ふくの日

■明日は何の日?(1月31日)
生命保険の日
愛妻の日
そばの日
菜の日