2月1日はテレビ放送記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

テレビ放送記念日今日は何の日
2月1日の「今日は何の日?」は「テレビ放送記念日」です。
また「テレビ放送記念日」にちなんで「発売当初のテレビの値段」などテレビにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月1日はテレビ放送記念日

今回は「テレビ放送記念日」について解説していきます!
なぜ2月1日が「テレビ放送記念日」かというと、1953年(昭和28年)のこの日に日本で初めてのテレビ放送が開始されたからなんですね!

今や当たり前の存在となっているテレビですが、戦時中にはテレビを見ている家庭なんて存在していなくて、家庭でテレビが楽しまれたのは戦後のことでした。
この2月1日の午後2時、東京の内幸町の東京放送会館から初めてのテレビ番組が放送されました。

その初テレビ放送の第一声は「JOAK-TV、こちらはNHK東京テレビジョンであります」でした。
ちなみに、当時のテレビの受信契約数はわずか866台しかなく、今と違って月額200円でした。

その後の同年の8月には日本テレビ、1954年(昭和29年)3月にはNHK大阪と名古屋、1960年(昭和30年)4月にはラジオ東京(現在の東京放送(TBS))でもテレビ放送が開始されました。
こうして、急速に一般家庭にテレビというものが普及していきました。

最近はインターネットが急速に発達して娯楽も増えた事が影響して、テレビの存在が薄くなっている気がします。
筆者が子供のころはまだまだインターネットは発達していなくて、パソコンなんて下手に触れば壊れてしまうんじゃないか!?と、素人にはとても扱いにくいものでした。

今は当たり前のように子供がスマートフォンやパソコンでインターネット動画を楽しんでいる時代となりましたが、それと同時にテレビ離れも進んでいてなんともさびしい気持ちになります。

スポンサーリンク

テレビの雑学

今回は「テレビ放送記念日」にちなんだ「テレビの雑学」を紹介します。

発売当初のテレビの値段

テレビ放送記念日で当時のテレビの月額料が200円である事を解説しましたが、そもそも放送開始直後のテレビの値段はいくらだったと思いますか?

当時のテレビはアメリカ製のもので画面の大きさも17インチしかなかったそうです。
そのお値段は25万円ほどしたそうです。

この値段を見ると現在の家庭用最新型テレビも数十万することからあまり値段は変わらないように思えます。
しかし、1953年頃の貨幣価値を考えればそれはとても高価であることがわかります。

当時は大卒の初任給が8000円前後で、そこそこ稼げるようになってきた会社員の手取りが15000円程度でした。
そう考えると、普通の会社員の手取りの1年9カ月分が必要になってきます。

このことからテレビ放送開始直後は、テレビは一部の富裕層の娯楽であり、一般家庭に馴染みがあったとはいえません。
テレビがようやく一般家庭にし始めたころ、テレビの無い家庭の人たちはテレビのある家庭にお邪魔してテレビを楽しんだり、現在のパブリックビューイングのように小さな1台のテレビを皆で食い入るように見ていました。

以上がテレビの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月1日)
テレビ放送記念日
ニオイの日

■明日は何の日?(2月2日)
夫婦の日
頭痛の日
ツインテールの日

■昨日は何の日?(1月31日)
生命保険の日
愛妻の日

スポンサーリンク

フォローする