2月4日は西の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

西の日今日は何の日
2月4日の「今日は何の日?」は「西の日」です。
また「西の日」にちなんで「風水の西の方角」「仏教の西の方角」など「西」にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月4日は西の日

今回は「西の日」について解説していきます!
「○○の日」ってたくさんありますけど、西の日なんて知っていましたか?

なぜ2月4日が「西の日」なのかというと、2(に)4(し)という語呂合わせからきています。
そもそも「西の日」とか言われても、何をする日なの?という感じですよね!

この西の日は「西の方へと向かうと、幸運に巡り合える」とされている日となります。
1年の中でもかなり寒い時期となりますが、落ち込んでいる人や何か幸運を掴みたい人などは西へと向かって散歩してみてはいかがでしょうか?

そもそも西の日なんて誰が決めたの?と思って色々と調べてみましたが、西の日を制定した目的についても、制定年も制定団体についても、調べても一切情報がありませんでした。
一体いつごろから存在していて、誰が何の目的でこの「西の日」を制定したのか。

何か詳しい情報をお持ちの方がいましたら、筆者へとご一報頂けると有難いです。

スポンサーリンク

西の雑学

今回は「西の日」にちなんだ「西の雑学」を紹介します。
何故、西の日が幸運と巡り合えるとされているのか、全く情報が出てこないので「西」という方角にはどのような意味があるかなど、西という方角の雑学を紹介します。

風水

西の方角がなぜ幸運と巡り合えるのかを考えた時に、真っ先に風水が思い浮かびました。
風水は中国発祥の占いのようなものになります。

この風水の世界では西の方角は「金の方位」となっており、豊かさであったり楽しみなどの全般を司る方角となっているそうです。
まさにビンゴといった感じですね!

西の日の由来となったかはわかりませんが、2月4日の西の日に風水でも良いとされている西の方角に向えばかなりの幸運に巡り合えそうな気がしますね!

仏教

仏教では西の方角には極楽浄土があるとされています。
仏教用語で西方浄土とも呼ばれているようですね!

この西という方角には阿弥陀如来がいるとされていて、仏教の教えでは西方浄土の考え方にのっとり、西の方角へ向けて拝むそうです。
仏教は日本に深い関係を持つ宗教ですから、もしかすると西の日の由来となっているかもしれません。

西の雑学

最後に「西」という言葉の雑学です。
西という感じの成り立ちは日が落ちる方角であることから「日去風(いにし)」と呼ばれていました。

この「日去風(いにし)」が語源となり、転じて「西」という言葉となりました。
ちなみに逆の東は日が昇る方角である「日向処(日向かし)」が語源となっており、転じて「東」となったとされています。

以上が「西」にまつわる面白い雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月4日)
立春
西の日
ぷよの日

■明日は何の日?(2月5日)
笑顔の日
ふたごの日
プロ野球の日

■昨日は何の日?(2月3日)
節分
のり巻きの日
大豆の日

スポンサーリンク

フォローする