2月6日は海苔の日【今日は何の日?】

海苔の日今日は何の日
2月6日の「今日は何の日?」は「海苔の日」です。

スポンサーリンク



2月6日は海苔の日

今回は「海苔の日」について解説していきます!
2月6日の「海苔の日」は、「海からの贈り物である海苔に対する感謝の気持ち」から制定されました。

海苔の日が制定されたのは割と昔の方で、1966年(昭和41年)のことでした。
これは「全国海苔貝類漁業協同組合連合会」によって全国海苔漁民の相違として制定されました。

少し話は脱線しますが「全国海苔貝類漁業協同組合連合会」って漢字が長すぎてまるで中国語のようですね・・・
2月6日が「海苔の日」と制定されて以降は毎年記念行事を実施しているそうです。

また「海苔の日」になると各地でも海苔に関する様々なイベントが行われているそうです。
もしも2月6日に買い物にいくようでしたら、スーパーやデパートの海苔コーナーなどをチェックしてみてはいかがでしょうか!

海苔の日の由来は?

「海苔の日」は701年に制定された日本最古の法典「大宝律令」が由来となっています。
皆さんもおそらくは歴史の授業で習ったことがあるのではないでしょうか!

「大宝律令」の内容によると、租税として29種類の海産物を納めるように記載してあります。
しかもその8種類が海藻類となり、もちろん海苔も租税の1つとして納めるように定められていました。

少なくとも飛鳥時代から海苔が食べられていたということになりますよね!
租税の対象となっていることから、海苔が貴重な食べ物だったという事がわかります。

ちなみに大宝律令が制定されたのは大宝2年1月1日(710年)ですが、これを西暦にすると702年2月6日となります。
そのため、大宝律令に則って海苔への感謝の気持ちを込めて2月6日を「海苔の日」と定めたのでした。

「○○の日」ってほとんどが語呂合わせで、特に食べ物関係は語呂合わせで制定されている事が多いので、まさか大宝律令が由来となっているとは筆者も驚きでした。

スポンサーリンク



海苔の雑学

今回は「海苔の日」にちなんだ「海苔の雑学」を紹介します。

海苔は外国語でNori?

実は海外のお寿司屋さんで海苔を英語表記する場合は「Nori」と記載しているそうです。
「Nori」って海苔をアルファベット表記しただけでそのままですよね。

もちろん「Nori」ではなくて、ちゃんと海苔も英語に訳すこどが出来ます。
海苔は英語にすると「seaweed(シーウィード)」となります。

しかし、外国人はこの「seaweed(シーウィード)」にとても嫌悪感を覚えるそうなんです。
なぜなら「weed(ウィード)」は庭で花などを育てている場合に、ウィードが生えてくると花が枯れてしまいます。

つまり「必要のない植物、歓迎されない種類の植物」という意味となり、ウィードはウイルスのような意味合いを持っています。
そのため「seaweed(シーウィード)」は「海のウイルス」という意味となり、外国人から敬遠されてしまいます。

外国人の前では海苔はNoriと言っておくのが無難ということですね。
軍艦なんかは海苔のパリパリ感や風味が美味しいのになんとももったいない・・・

以上が海苔の雑学でした!

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月6日)
海苔の日
抹茶の日

■明日は何の日?(2月7日)
フナの日
北方領土の日

■昨日は何の日?(2月5日)
笑顔の日
ふたごの日
プロ野球の日

スポンサーリンク



フォローする