2月7日はフナの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

フナの日今日は何の日
2月7日の「今日は何の日?」は「フナの日」です。
また「フナの日」にちなんで「実はフナは金魚の仲間」「フナの生命力は凄い」などフナにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



2月7日はフナの日

今回は「フナの日」について解説していきます!
なぜ2月7日が「フナの日」かというと、「ふ(2)な(7)」という語呂合わせが由来となっています。

「フナの日」は茨城県古河市の古河鮒甘露煮組合が2001(平成13)年に制定しました。
筆者もフナといえば甘露煮で食べるイメージがありますので、よりフナの甘露煮をPRしようといった試みだったのでしょうか!

フナの日は元々は11月27日だったそうです。
2000(平成12)年に11月27日に「いい鮒の日」として制定していましたが、翌年の2001(平成13)年から2月7日に変更されることとなりました。

普段はなかなかフナを口にすることはありませんよね!
そこで古河鮒甘露煮組合によって、フナの日に茨城県古河市内の7つの小学校にフナの甘露煮が振舞われた事がありました。

現在は色々な食材も増えていますし、若者でも煮漬けなどを作る人も少なくなってしまいました。
2月7日の「フナの日」にはフナの甘露煮を作ってみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク



フナの雑学

今回は「フナの日」にちなんだ「フナの雑学」を紹介します。

実はフナは金魚の仲間

実はフナって金魚の仲間だってご存じでしたか?
仲間というよりは金魚の祖先がフナだったといった方が正しいですね!

時は遡って千数百年前の中国、野生に生息していたフナが突然変異をおこしました。
その突然変異の結果、赤い色のフナが生まれたそうです!

この赤い色のフナが後の金魚というわけですね。
この突然変異したフナの事をヒブナと呼びます。

現在は色々な種類の金魚がいますが、そのほとんどがこのヒブナの品種改良によって生まれたものなのです。
このことからフナと金魚は元々は同じ魚、つまりは仲間と呼べるわけなのです。

フナの生命力は凄い

実はフナの生命力って他の魚よりも強いんです。
魚によっては釣った魚を水道水にいれておくだけで死んでしまったりしますよね?

しかし、フナは例え水道水であってもどぶのような汚い水の中でも生きていけるのです。
更には急激な水温の変化にも耐えられるようになっていて、他の魚に比べてもフナの生命力は高いと言う事がいえます。

実際にどぶのような川からフナが釣れることがありますし、汚い水でも空気さえあれば生きていける事がわかります。
人間もフナのような強い生命力が欲しいものです。

以上がフナの雑学でした!

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月7日)
フナの日
北方領土の日

■明日は何の日?(2月8日)
針供養の日
郵便マークの日

■昨日は何の日?(2月6日)
海苔の日
抹茶の日

スポンサーリンク



フォローする