2月7日は北方領土の日【今日は何の日?】

北方領土の日今日は何の日
2月7日の「今日は何の日?」は「北方領土の日」です。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月7日は北方領土の日

今回は「北方領土の日」について解説していきます!
2月7日がなぜ「北方領土の日」なのかというと、1855年2月7日に日魯通好条約が調印されたことが由来となっています。

「北方領土の日」を制定した目的は、北方領土返還要求運動をより全国的に盛り上げる事となっています。
そのため、毎年「北方領土返還要求全国大会」が東京で開催されていますし、この「北方領土の日」を中心にして全国で様々な活動・取り組みが行われています。

日魯通好条約

「北方領土の日」の由来が「日魯通好条約」であることは説明しましたが、そもそも「日魯通好条約って何?」って感じですよね。
歴史の授業でも習った記憶がありません。

条約の正式名称は「日本国魯西亜国通好条約」となります。
条約の主な内容は「国境」「箱館(函館)、下田、長崎の開港」「ロシア領事の日本駐在」などが挙げられます。

この条約によって、択捉島とウルップ島の間に国境が設定されました。
北方領土は「択捉島、国後島、色丹島、歯舞島」からなる4島ですが、国境設定以降は日本の領土となりました。

スポンサーリンク

北方領土問題の進展

1945年に北方領土が当時のソ連に占領されて以降は、いまだにロシアによる支配が続いています。
政府は北方領土の返還の交渉をロシアと長い間続けていますが、2017年現在に至っても、返還される気配がありません。

2016年には安部総理とプーチン大統領による「北方領土交渉」が行われ、4島のうち2島でも返還してもらえるのではないかと期待されました。
しかし「北方領土返還へ前進した」という発表のみにとどまり、北方領土の返還とはなりませんでした。

北方領土には当然今もロシア人が生まれ育っていますし、北方領土が故郷だと感じているロシア人も多いです。
交渉が進展して北方領土返還となっても、北方領土で生まれ育ったロシア人にとっては故郷を突然奪われるような感じになりますし、交渉は難航しそうですね。

現在でも1945年以前に北方領土で生まれた日本人が生きて北方領土返還を願っています。
今は生まれ故郷である北方領土は、許可なしに上陸することも許されていないそうです。

せめて日本人もロシア人も自由に北方領土の往来が出来るようになるなど、今後の進展を期待したいものです。
筆者自身も北海道に住んでいる人間なので、もし今後進展があって自由に往来できるようになれば、ぜひ旅行にいってみたいものです。

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月7日)
フナの日
北方領土の日

■明日は何の日?(2月8日)
針供養の日
郵便マークの日

■昨日は何の日?(2月6日)
海苔の日
抹茶の日

スポンサーリンク

フォローする