2月8日は針供養の日【今日は何の日?】

針供養の日今日は何の日
2月8日の「今日は何の日?」は「針供養の日」です。

スポンサーリンク



2月8日は針供養の日

今回は「針供養の日」について解説していきます!
そもそも「針供養って何?」という人も多いのではないでしょうか?

「針供養」は折れた針を豆腐やこんにゃくなどの柔らかい物に刺して供養する行事となります。
それでは「針供養の日」ということで針供養について詳しく解説していきます!

針供養の意味

針供養は読んで字のごとく「針を供養する」という目的で行われます。
現在では裁縫をする人も減ってきましたが、昔は針仕事をする女性の人が多い社会でしたし、服なども自分で当たり前のように縫っていました。

そんな「日頃から使用している針に対して感謝の気持ちを示して労をねぎらう」ために針供養が行われているんですね!
針供養は豆腐やこんにゃくなどの柔らかいものに刺す行事と説明しましたが、これにも意味があります。

日頃から使われていた針は固いものなどにも刺されて弱った結果折れましたよね。
そのため、「最後ぐらいは柔らかいものに刺してあげることにより楽をさせてあげよう」という意味が込められています。

基本的にはお寺などで行われている行事ですが、一般的な家庭では川や海に流したり、土に埋めて供養することもありました。
しかし、この方法については人が踏む危険性も高いため、避けた方がよいでしょう。

スポンサーリンク



針供養の由来

針供養は中国の風習や日本独自の風習が交わって生まれた風習だとされています。
江戸時代に中国から「社日(しゃにち)に針線を止む」という習わしが日本に伝わりました。

社日とは「生まれた土地の守護神を守る日」、針線は「針と糸・裁縫・針仕事」のことです。
つまり、守護神を守る日には針仕事をやめましょうという風習ですね。

この風習に日本の「事八日(ことようか)」という風習が交わりました。
事八日(ことようか)は「事始め」「事納め」とも呼ばれている風習で、昔は「事始め」から農業などの仕事を始めると縁起がよいとされ、「事納め」に1年の締めくくりをしていました。

「事八日(ことようか)」は農業以外にも針仕事も休む日とされているため、針仕事を休む日にあわせて針供養が行われるようになりました。

地域によっては12月8日

実は地域によっては針供養の日が12月8日となります。
例外もありますが、一般的には関西より西側の地域が12月8日で、東海より東の地域は2月8日に針供養を行うそうです。

これは先ほど説明した「事八日(ことようか)」の風習に関係があります。
地域によって「2月8日を事始めとして12月8日を事納めとする場合」と、「12月8日を事始めとして2月8日を事納めとする場合」があります。

以上の事から12月8日に針供養を行う地域もあります。
また、12月8日と2月8日の両日とも針供養を行う地域もあるそうです。

針供養についてご理解頂けましたか?
針以外にも日々の生活では色々な物にお世話になっていますよね。

普段から物を大切にする気持ちと感謝する気持ちを大切にして生きていきたいですね!

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月8日)
針供養の日
郵便マークの日

■明日は何の日?(2月9日)
服の日
フグの日
風の日
肉の日
漫画の日

■昨日は何の日?(2月7日)
フナの日
北方領土の日

スポンサーリンク



フォローする