2月10日は簿記の日【今日は何の日?】

簿記の日今日は何の日
2月10日の「今日は何の日?」は「簿記の日」です。

スポンサーリンク



2月10日は簿記の日

今回は「簿記の日」について解説していきます!
この「簿記の日」は全国経理学校協会(現 全国経理教育協会)が2004(平成16)年に制定しました。

なぜ2月10日が「簿記の日」なのかというと、アメリカの簿記書が福沢諭吉によって訳され「帳合之法」として発行された日が1873年2月10日だったためです。
「Bryant & Stratton’s Common School Bookkeeping, 1861」という本を日本語にしたのですが、当時はまだ「簿記」という言葉はありませんでした。

そのため「帳合」という言葉を使ったのだと思います。
ちなみに「簿記」という言葉が初めて登場したのは、明治6年に大蔵省によって出版された「銀行簿記精法」です。

「簿記」という言葉自体は英語の「bookkeeping」という言葉が語源となっており、日本語に訳した結果が「簿記」となりました。
ちなみに先ほど紹介した福沢諭吉の「帳合之法」ですが、2編に渡って発行されており、「帳合之法 初編」が2冊、「帳合之法 二編」も2冊で合計4冊となります。

スポンサーリンク



そもそも簿記って何?

ここまで「簿記の日」について解説してきましたが、そもそも「簿記」って何?という人も多いのではないでしょうか。
簿記って専門分野でその分野を勉強している人にしかわからない単語のように見えます。

簿記について簡単に解説すると「企業の経営活動を一定のルールにしたがって記録・計算・整理する方法」となります。
そのため、簿記の資格を持っている人は経理関係の仕事に就くことが多いんですね!

もう少し詳しく解説すると、簿記は単式簿記と複式簿記に分類されていて、一般的に簿記という言葉を使う場合は複式簿記の事を指します。
単式簿記については家計簿など簡単な記録をつけるための方法のため、完全な方法ではありません。

複式簿記については「包括的体系的に記録する方法」となり、専門的な知識が必要なため学習するのにそれなりの時間がかかりますが、完全な簿記といえるでしょう。
そのため、家計簿を管理できる程度で「簿記のことわかるよ!」などの発言をすると、恥をかく可能性がありますのでご注意を。

筆者も当初は「簿記」については全くの無知で、「簿記の日」をきっかけとして初めて簿記の意味を知った人間です・・・

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月10日)
ふとんの日
ニットの日
簿記の日
海の安全祈念日

■明日は何の日?(2月11日)
建国記念の日

■昨日は何の日?(2月9日)
服の日
フグの日
風の日
肉の日
漫画の日

スポンサーリンク



フォローする