2月11日は建国記念の日、意味や由来を解説【今日は何の日?】

建国記念日今日は何の日
2月11日の「今日は何の日?」は「建国記念の日」です。

今日は何の日?

8月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



2月11日は建国記念の日

今回は「建国記念の日」について解説していきます!
後で解説していきますが「建国記念日」ではなくて、正確には「建国記念の日」となっており、ちゃんとした意味があるんですよ!

建国記念の日の意味

それではまずは「建国記念の日」の意味について解説していきましょう。
おそらく「日本が建国された日」だと思っていませんでしたか?

しかし、実は「日本」という国が建国された正確な日は史実に存在していないのです。
そのため2月11日は「日本が建国された日」ではありません。

そもそも「建国記念の日」については、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」とされています。
つまり2月11日は建国された日ではなく「日本が建国されて今も存在する事を祝う日」となります。

以上のことから「建国記念日」ではなく、建国された事についてを祝う日と言う意味で「建国記念の日」という名前となりました。
ちなみに「建国記念の日」は1966(昭和41)年に定められ、初代天皇である神武天皇の即位日が由来となっており、即位日の旧暦1月1日を新暦にすると2月10日となります。

スポンサーリンク



建国記念の日の由来

続いては「建国記念の日」の由来となった祝日について解説します。
実は2月11日は昔から「紀元節」と呼ばれる祝日でした。

この「紀元節」とは日本の誕生日を皆でお祝いする日であり、先ほど説明した「神武天皇が即位した日」にあたります。
しかし、第二次世界大戦後である1948(昭和23)年になると廃止されることとなりました。

その理由には「天皇を中心としてまた日本人の団結力が高まるのではないか」との懸念がGHQよりかけられたためです。
第二次世界大戦の時には、日本国民は天皇や国のために命を捧げる覚悟で戦争に挑んでいたため、その事をGHQは恐れていたのです。

廃止後も国民の中では「紀元節」を復活させるような働きかけがありましたが、結局実ることはありませんでした。
そして、2月10日の新たな祝日として誕生したのが「建国記念の日」だったのです。

「建国記念の日」を制定する際には、紀元節の復活を望む野党議員の反発などにより、9回も議案が提出がされることとなりました。

建国記念の日に関する雑学はいかがでしたか?
筆者も建国記念の日について調べるまでは、何の疑いも無く日本が建国された日だと思っていました。

色々な祝日がありますが、色々な歴史背景や由来などを調べてみると意外な事実が隠されているかもしれませんよ?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月11日)
建国記念の日

■明日は何の日?(2月12日)
レトルトカレーの日
ボブスレーの日
ダーウィンの日

■昨日は何の日?(2月10日)
ふとんの日
ニットの日
簿記の日
海の安全祈念日

フォローする