わんこそば記念日の由来と面白い雑学、2月11日の今日は何の日?

わんこそば記念日今日は何の日
2月11日の「今日は何の日?」は「わんこそば記念日」です。
また「わんこそば記念日」にちなんで「そばにワサビを使うようになった理由」「引越しした時にそばを食べる理由」などそばにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月11日はわんこそば記念日

今回は「わんこそば記念日」について解説していきます!
なぜ2月11日が「わんこそば記念日」なのかというと、毎年2月11日に「わんこそば全日本大会」が開催されていることが由来となっています。

「わんこそば記念日」については毎年わんこそば全日本大会の運営を行っている「わんこそば全日本大会運営委員会」によって制定された記念日となります。
わんこそばといえば一口で食べられるそばを次々にお椀に入れていくだけだと思われがちですよね。

しかし、実はわんこそばには明確な定義があるって知っていましたか?
わんこそばと認められるためには「お椀で食べること」「給仕が付くこと」「温かいそばであること」の3つの条件を満たさなければならないのです。

そのため、冷たいそばなどもわんこそばだとされる事もありますが、厳密にいえばわんこそばではないんですね。
元々わんこそばは岩手県が発祥の郷土料理ですが、現在では地方やお店によってそばの量や温かさなどは曖昧なものになっています。

スポンサーリンク

そばの雑学

今回は「わんこそば記念日」にちなんで「そばにワサビを使うようになった理由」「引越しした時にそばを食べる理由」などそばにまつわる面白い雑学を紹介します。

そばにワサビを使うようになった理由

皆さんは冷たいそばを食べる時にどのような薬味を使っていますか?
薬味としてはネギや刻んだ海苔、そして定番のものが「ワサビ」ですよね。

普通はめんつゆにわさびを溶かして食べると思いますが、通な人は麺に少しだけワサビを乗せて食べていますよね。
しかし、実は昔はワサビではなく大根おろしの絞り汁がそばの薬味の定番だったそうです。

江戸時代の頃にはワサビの薬味といえば、大根おろしのしぼり汁が最も適しているものだと考えられていました。
もしも辛味のある大根がなかった場合には、その代用品としてワサビを使っていたのです。

時代が経過していくにつれて、いつの間にか代用品のワサビが定番の薬味にすり替わっていたんですね。

引越しした時にそばを食べる理由

無事に引越しを終えたお祝いとして食べられるものはそばが定番となっていますよね。
しかし、なぜ引越ししたときにそばを食べるのかを知っていましたか?

そもそもそばは引越ししたときに自分で食べるものではなく、もともとはご近所の人に挨拶として配るものだったんです。
この習慣は江戸時代から始まり、二八蕎麦を配ることが習わしだったそうです。

なぜそばが配られるようになったのかというと「そばに引っ越してきました」という意味や、「そばで末永く」や「そばのように細く長い付き合いを」というような意味が込められていました。
また、当時からそばはとても安価でだったことから、近所への挨拶の配り物としてはとても手軽だったこともあるそうです。

以上がそばの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月11日)
建国記念の日
わんこそば記念日
麺の日
おかあちゃん同盟の日

■明日は何の日?(2月12日)
レトルトカレーの日
ボブスレーの日
ダーウィンの日
わんにゃんの日
育児の日

■昨日は何の日?(2月10日)
ふとんの日
ニットの日
簿記の日
海の安全祈念日
イカの日
コッペパンの日