2月12日はボブスレーの日【今日は何の日?】

ボブスレーの日今日は何の日
2月12日の「今日は何の日?」は「ボブスレーの日」です。

スポンサーリンク



2月12日はボブスレーの日

今回は「ボブスレーの日」について解説していきます!
なぜ2月12日がボブスレーの日なのかというと、1938(昭和13)年2月12日に札幌で初の全日本ボブスレー選手権大会が開催されたことが由来となっています。

ボブスレーがそんなに昔から競技として存在していたとは意外ですよね!
日本でボブスレーの大会が開かれたのは1938年ですが、1924年の第1回オリンピック冬季競技大会から正式種目とされていました。

そもそもボブスレーって?

残念ながらボブスレーは日本人にとってかなりマイナー競技のため、ボブスレー自体を知っている人ってそんなにいないですよね。
冬の花形競技であるフィギュアスケートの注目度に比べると、ボブスレーはまだまだ認知されていないように感じます。

ボブスレーは流線型のそりでコースを滑走する競技となります。
他にもリュージュやスケルトンなどそり競技はありますが、そり競技の中でも唯一、そりにハンドルとブレーキが搭載されています。

競技では男子は2人乗りと4人乗りの2種目があり、女子は二人乗りの1種目となります。
スタートする際は、200kgほどあるボブスレーのそりを競技者が押して助走する所から始まります。

戦闘の選手から順番に乗り込んでいき、1人でも乗り込めないとその場で失格となってしまいます。
ブレーキが搭載されていると説明しましたが、滑走中にブレーキをかけるとコースが傷ついてしまうため、競技中にブレーキをかけることは禁止されています。

あくまでブレーキはゴールした後にそりを止める時のみに使われます。
ちなみに、ボブスレーの日本での競技人口は他のそり競技であるスケルトンとリュージュをあわせても30人ほどしかいないそうです。

スポンサーリンク



ボブスレーの雑学

今回は「ボブスレーの日」にちなんだ「ボブスレーの雑学」を紹介します。
1932年に開催された冬季オリンピックのボブスレー4人乗りで金メダルを取った「エディ・イーガン」という選手がいます。

この「エディ・イーガン」という選手、実は世界でただ1人だけ夏季・冬季オリンピックの両方で金メダルを獲得した選手なんです。
元々はボクシング選手であるエディ・イーガンは、1920年の夏季オリンピックではボクシングで金メダルを獲得しています。

つまり、ボブスレー4人乗りで金メダルをとった瞬間に、世界でただ1人の夏季冬季の金メダリストが誕生したのでした。

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月12日)
レトルトカレーの日
ボブスレーの日
ダーウィンの日

■明日は何の日?(2月13日)
苗字の日

■昨日は何の日?(2月11日)
建国記念の日

スポンサーリンク



フォローする