2月14日は煮干しの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

煮干しの日今日は何の日
2月14日の「今日は何の日?」は「煮干しの日」です。
また「煮干しの日」にちなんで「煮干しの意外な調理法」など煮干しにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月14日は煮干しの日

今回は「煮干しの日」について解説していきます!
なぜ2月14日が「煮干しの日」なのかというと、「に(2)ぼ(1=棒)し(4)」の語呂合わせが由来となっています。

全国煮干協会によって1994(平成6)年5月に制定されました。
2月14日といえばバレンタインデーというイメージですが、実は「煮干しの日」でもあったんですね!

「煮干しの日」が制定されたころは特に何のイベントも実施されていませんでした。
しかし、2004(平成16)年にラジオ番組で紹介された事をきっかけにして大きな反響を呼ぶこととなりました。

紹介されたラジオ番組内で全国煮干協会のロゴを募集した結果、60件もの応募があったそうです。
現在ではラジオ番組で採用されたロゴが実際の商品パッケージとして使われています。

ちなみに煮干しの日のロゴマークは以下のものになります。
煮干しの日今日は何の日

最近は味噌汁を作る時も顆粒出汁で作ることが多くなりましたよね。
少しだけ処理が面倒ですが、2月14日に味噌汁を作る場合は、煮干しを使って味噌汁を作ったり、何か煮干しを使用する料理を食べてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

煮干しの雑学

今回は「煮干しの日」にちなんだ「煮干しの雑学」を紹介します。
出汁を取るのに使った煮干しってそのまま捨ててしまいますよね。

しかし調理法によってはまだ美味しく食べることができるんですよ!
残されただしがらの煮干しも栄養満天なのでぜひ試してみてくださいね!

煮干しの唐揚げ

まずはだしがらとなった煮干しをザルなどに移して水気を切ってよく乾かしてください。
その後、温めた油の中に煮干しを入れてカリカリの食感になるまで揚げます。

揚げ終わった後は油を切り、塩をかけて味付けをします。
これでお酒にも合う煮干しの唐揚げの完成です、おつまみとして食べてみてください!

煮干しの酢漬け

煮干しでダシをとって少しだけダシ汁を残しておいてください。
煮干しが少し浸かる程度で大丈夫です。

まずは煮干しのだしがらを取り出して、出汁の中に酢と醤油を好みの味になるように混ぜ合わせます。
そして、とっておいた煮干しのだしがらを浸します。

数時間~半日程度で味がしみ込みますので、これで煮干しの酢漬けの完成です。
さっぱりとしていて美味しいですよ!

普段は捨ててしまうものも最後まで美味しく食べられるので、ぜひ試してみてくださいね!

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月14日)
バレンタインデー
煮干しの日
ふんどしの日

■明日は何の日?(2月15日)
春一番名付けの日

■昨日は何の日?(2月13日)
苗字の日

スポンサーリンク

フォローする