2月14日はふんどしの日【今日は何の日?】

ふんどしの日今日は何の日
2月14日の「今日は何の日?」は「ふんどしの日」です。

スポンサーリンク



2月14日はふんどしの日

今回は「ふんどしの日」について解説していきます!
なぜ2月14日が「ふんどしの日」なのかというと、「ふん(2)ど(十)し(4)」という語呂合わせが由来となっています。

日本ふんどし協会によって2011年12月に制定されました。
2月14日はバレンタインデーのイメージが強いですが、ふんどしの日でもあるんですね。

この2月14日のふんどしの日は、日本ふんどし協会によって日本記念日協会に記念日申請したところ認定を受けて、正式な記念日として登録されています。
日本古来の文化である伝統的な下着であるふんどしを、現代の人々にも理解してもらい、普及していくことを目的としています。

日本ふんどし協会によれば、女性から男性にチョコレートを贈るのではなく、ふんどしを贈る事も推奨しています。
バレンタインデーにあわせて2月14日をあえて「ふんどしの日」と制定したように思えますが、便乗したのではなく、たまたま同じになったそうで、この事を「ふんどしの奇跡」と呼んでいるそうです。

日本ふんどし協会、熱意が凄まじいですね!!
かなりマニアックな記念日ですが、2月14日はあえてバレンタインデーではなく、ふんどしの日として楽しんでみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク



ふんどしの雑学

今回は「ふんどしの日」にちなんだ「ふんどしの雑学」を紹介します。

ふんどしはレンタルだった?

昔の日本人は下着としてみんなふんどしを締めていたイメージがありませんか?
しかし、実はふんどしって江戸時代のころはレンタルだったようです。

ふんどしの布は2m前後あり、江戸時代の当時は2mほどの布はそこそこ値の張るものでした。
そのため、ふんどしは高級品であり毎日気軽にしていいものではありませんでした。

江戸時代にはほとんどの人がふんどしだったイメージがありますが、半数以上の男性はふんどしを持っていなかったという説も存在しています。
以上の理由から、ふんどしを持っていない=貧乏人と思われたそうです。

そのため、祭りなど町民が集まる場所に行くときはふんどしをレンタルして、貧乏人ではないアピールをしていなました。

現在は女性用ふんどしも

ふんどしといえば男性がするものというイメージですが、そんな時代に終わりが近づいてきたかもしれません。
なんと最近は女性用のふんどしも販売されているんです。

その名も「SHAREFUN(しゃれふん)」という商品です。
通常の下着はゴムの締め付け感や肌への食い込みが不快と感じる人もいるそうですが、ふんどしは履き心地も良いため愛用している人もいるそうです。

今後、ますますふんどし女子が増えていくのでしょうか・・・
以上がふんどしの雑学でした!

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月14日)
バレンタインデー
煮干しの日
ふんどしの日

■明日は何の日?(2月15日)
春一番名付けの日

■昨日は何の日?(2月13日)
苗字の日

スポンサーリンク



フォローする