2月15日は春一番名付けの日、春一番って何?【今日は何の日?】

春一番名付けの日今日は何の日
2月15日の「今日は何の日?」は「春一番名付けの日」です。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



2月15日は春一番名付けの日

今回は「春一番名付けの日」について解説していきます!
皆さんは春一番って何のことかをご存じですか?

春一番は立春から春分の間(2~3月)にその年に初めて吹く南寄りの強い風のことです。
春一番は南風に影響によって気温が上昇するため、春の訪れを告げる暖かい風ということですね!

春一番の語源

春一番の語源について解説します。
春一番という言葉の語源は古く、江戸時代に起こったある事件がきっかけでした。

1859(安政6)年2月13日、壱岐郷ノ浦の漁師53人が五島沖で漁をしていたところ、突風が起こって船が転覆し、全員が死亡するという事件が発生しました。
実はこの事件が発生する前から、郷ノ浦の漁師の間では春の初めに強い南風が吹くことが知られていました。

その南寄りの強い風の事を「春一」と呼んでいたそうで、これが現在の「春一番」という言葉の語源となったとされています。
この事件をきっかけとして「春一」という言葉は広く知られるようになりました。

それから時がたって昭和になり、漁師だけではなくマスコミが「春一」という言葉を使うようになりました。
「春一番」という言葉自体が初めて登場したのは1963(昭和38年)年2月15日の朝日新聞朝刊でした。

春一番が「春の突風」である内容の記事であり、このことから2月15日は「春一番名付けの日」とされています。
1985年からは気象庁にも春一番という言葉が採用されて、現在では気象庁が春一番の発表を行っています。

スポンサーリンク



春の知らせではありますが・・・

春一番の影響を受けて暖かくなるということは解説しました。
過去には水戸市で22.9度まで気温が上昇したことがあり、春一番の影響がいかに凄いかがわかります。

しかし、実は春一番のあとは一転して冬型の気圧配置となってしまい、翌日以降は強い北風が吹き寒くなる場合が多いそうです。
更に一方で大きな災害を起こす可能性も起こる可能性があります。

昭和47年には富士山で暴風雨になった影響により、なだれが発生して死者・行方不明者24人を出す大惨事となりました。
また竜巻なども発生しやすくなり、ケガにも注意が必要です。

春一番といえば明るく暖かいイメージがありますが、過去には事故が起こったケースもあるので、充分に注意してください。

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月15日)
春一番名付けの日

■明日は何の日?(2月16日)
天気図記念日
寒天の日

■昨日は何の日?(2月14日)
バレンタインデー
煮干しの日
ふんどしの日

スポンサーリンク



フォローする